トータル・リコール

フィリップ・K・ディックの短編小説を映像化したSFアクション超大作

トータル・リコール

トータル・リコール

TOTAL RECALL 2012年 アメリカ

配給:

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ジャンル:

サスペンス/SF

公式サイト:

http://www.TotalRecall.jp/

公開日:2012-08-10

2012年8月10日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

“記憶”が売買される近未来。人々は裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。彼らは退屈な日常の中で、刺激を求めてリコール社の人工記憶を買いに行き、不満を解消していた。ある日、コロニーに住む工場労働者のクエイド(C.ファレル)がリコール社で記憶を植えつけようとしたそのとき、突然、ブリテン連邦のロボット警官隊の襲撃を受ける。自分も知らなかった戦闘能力を発揮し逃げ切るクエイド。帰宅したクエイドは、今度は妻のローリー(K.ベッキンセール)に襲われる。ローリーを振り切り逃げるクエイドは、その先で数々の謎のメッセージと共に、メリーナという女に出会い、二つの地域の運命を握る戦いへと巻き込まれていく…。

『ブレードランナー』『マイノリティ・リポート』の原作で知られる伝説のSF作家フィリップ・K・ディックの短編小説「追憶売ります」。1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で大ヒットを記録したこの原作を、『ダイ・ハード4.0』の監督レン・ワイズマンが映像化。記憶を操作され、自分自身をも信じることができない主人公クエイドを『マイアミ・バイス』のコリン・ファレル。その妻に『アンダー・ワールド』シリーズのケイト・ベッキンセール、ダグの運命を鍵を握るメリーナに『ニュー・イヤーズ・イブ』のジェシカ・ビール。

監督:レン・ワイズマン、出演:コリン・ファレル,ケイト・ベッキンセール,ジェシカ・ビール