50年後のボクたちは

ドイツの大ベストセラー小説を実写映画化した青春ロードムービー

50年後のボクたちは

50年後のボクたちは

TSCHICK 2016年 ドイツ 93分

配給:

ビターズ・エンド

ジャンル:

ドラマ

公開日:2017-09-16

2017年9月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく──。

ドイツ国内で220万部以上を売り上げ26カ国で翻訳された国民的小説「14歳、ぼくらの疾走」(ヴォルフガング・ヘルンドルフ著)を、『ソウル・キッチン』の名匠ファティ・アキン監督が実写映画化。誰もが通過する、永遠には続かない14歳という一瞬の煌めきを瑞々しく捉え、かつての自分を想い出させてくれる爽やかで切ないロードムービー。

監督:ファティ・アキン、出演:トリスタン・ゲーベル,アナンド・バトビレグ・チョローンバーダル

予告編・特報