追憶

岡田准一・小栗旬・柄本佑 共演、25年ぶりに再会した幼なじみの3人の運命

追憶

追憶

2017年 日本

監督:

降旗康男

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://tsuioku.jp/

公開日:2017-05-06

2017年5月6日全国東宝系にてロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

富山県の漁港で殺人事件が起きた。事件によって、かつて親友だった3人は、刑事、容疑者、被害者として再会することになった。刑事、四方篤(岡田)─ 妻(長澤)へ自分の心をうまく伝えられず、すれ違いの日々を送る。 なぜ、愛する人にも心を開くことが出来ないのか。容疑者、田所啓太(小栗)─ 会社の好転、妻(木村)の妊娠、新居の建築と幸せの絶頂の中、なぜ、事件の真相を語ろうとしないのか。 被害者、川端悟(柄本)─ 倒産寸前の会社と家族のため、金策に奔走していた。なぜ、殺されなければならなかったのか。25年前、親に捨てられた3人は、涼子(安藤)が営む、喫茶「ゆきわりそう」に身を寄せていた。常連客の光男(吉岡)とともに5人はまるで家族のような間柄になった。だが、ある事件を機に、その幸せは終わった。無実を信じる四方の問いかけにも、田所は口をつぐむ。一体、何を守ろうとしているのか。3人の過去に何があったのか。 複雑に絡みあった壮大な人生のドラマは、25年の時を経て、再び運命の歯車を回し始める。

『駅 STATION』『鉄道員』『ホタル』など名作を世に送りだしてきた監督・降旗康男と撮影・木村大作の黄金コンビが9年ぶりにタッグを組んだドラマ。幼少期を共に過ごした3人の少年が、ひとつの殺人事件を通して刑事・容疑者・被害者というかたちで再会を果たし、事件の真相、そして心に蓋をしてきた過去と対峙していく。主演は、『永遠の0』『蜩ノ記』の岡田准一。共演には小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、 吉岡秀隆といった日本を代表する豪華俳優陣が集結した。

監督:降旗康男、出演:岡田准一,小栗旬,柄本佑