死にゆく妻との旅路

死を見つめながら二人きりで旅を続ける夫婦の真実に基づいたラブストーリー

死にゆく妻との旅路 [DVD]

死にゆく妻との旅路

2011年 日本 113分

監督:

塙幸成

配給:

ゴー・シネマ

ジャンル:

ドラマ/ラブロマンス

公式サイト:

http://www.tabiji-movie.jp/

公開日:2011-02-26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

石川県七尾市。縫製ひと筋に生きてきた清水久典(三浦)は小さな工場を経営し、充実した日々を送っていた。しかしやがて中国製の安価な製品が容赦なく経営を圧迫する。長引く不況に、膨れ上がる借金。万策尽きた時、久典は妻・ひとみ(石田)のガンを知る―。なけなしの50万円を手にワゴン車に乗り込み、無計画に始まった夫婦の最後で最初の旅は、姫路城、鳥取砂丘、明石海峡大橋、亀岡、三保の松原、そして山梨を経て、石川へ。確実に衰弱していくひとみを献身的に介護する久典だったが、やがてひとみの身体は食べ物さえ受けつけなくなっていく…。

1999年12月に「保護責任者遺棄致死事件」として報道された実際の事件の裏に隠された、夫婦の深い愛を描いた感動作。原作は、事件の当事者である夫=清水久典による手記「死にゆく妻との旅路」。多額の借金を負い、逃げるように故郷を飛び出し職探しを続ける夫・久典に三浦友和。その妻・ひとみに石田ゆり子が扮し、272日、6,000kmの車中の夫婦の生き様と死に様、夫婦愛を渾身の演技で見せる。監督は『初恋』の塙幸成。

監督:塙幸成、出演:三浦友和,石田ゆり子