罪の余白

内野聖陽主演、野生時代フロンティア文学賞受賞の衝撃作を映画化

罪の余白

罪の余白

2015年 日本

監督:

大塚祐吉

配給:

ファントム・フィルム

ジャンル:

サスペンス/ドラマ

公式サイト:

http://tsuminoyohaku.com/

公開日:2015-10-03

2015年10月3日(土)TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

高校のベランダから転落した一人娘・加奈の死を、父親の安藤(内野)は受け止められずにいた。娘はなぜ死んだのか―。事件か事故か?安藤は、行動心理学者でありながらも、娘の異変に気づかなかった自分を責めながらも真相を追いはじめる。そんな時、加奈のクラスメート・咲(吉本)が現れる。娘の死に涙する美貌の少女…。しかし彼女は、教師、生徒、警察の心を操り、スクールカースト頂点に君臨する狡猾で残忍な悪魔のような少女だった。娘の遺した日記から真相を知った安藤は、咲に復讐を誓う。だがこの娘を愛する安藤の暴走が、咲の策略にはまり、逆に安藤自身が追い詰められていく――。

第三回野性時代フロンティア文学賞を受賞した芦沢央の「罪の余白」(角川文庫)を映画化。娘を亡くした心理学者の父親が、人の心を操る美しき女子高生に追い込まれていく姿を描いた極限の心理サスペンス。父親を演じるのは、舞台・映画と幅広い分野で活躍する内野聖陽。失意に暮れながらも復讐を誓い暴走する父親役を迫真の演技で披露。そんな内野を執拗に追い込み残忍な行動を繰り広げる女子高生・咲役に、ドラマ「アイムホーム」など話題作に出演している吉本実憂。緊迫した世界観の中、周囲の人間を執拗に追い詰め、観る者の心理すらも操る見事な演技力を披露し、新たな才能を開花させる。

監督:大塚祐吉、出演:内野聖陽,吉本実憂,谷村美月