つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

行定勲監督、阿部寛を筆頭に豪華キャストが織り成す、恋愛アンサンブル

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

2013年 日本

監督:

行定勲

配給:

東映

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.tsuya-yoru.jp

公開日:2013-01-26

2013年1月26日(土)全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

艶という女と大島に駆け落ちしてきた松生春二(阿部)は、奔放な妻の不貞に悩まされ続けてきた。そんな艶が病に冒され、昏睡状態に。松生は、何度裏切られても献身的に愛してきたが、彼女を失うことに耐えられない。その時、過去に艶が関係を持った男たちに、彼女の死期が近づいていることを伝えようと思いつく。東京で一見平穏な生活を営む何組かのカップル&家族に、突然もたらされた艶の危篤の報。それを聞いた夫の、恋人の、父のそれぞれの様子から、艶との肉体関係を感づいてしまった女たちは、突然、自分たちの人生に割り込んできた艶という存在に困惑する…。目の前に見えているはずの「大切な人」が知らない顔を見せた時、人は愛を確かめ、見つめ直す——。

大人の男女の恋愛を描き続ける“全身恋愛小説家”=井上荒野(「潤一」「切羽へ」)の同名原作を、恋愛映画のマエストロ=行定勲監督(『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』)が完全映画化。主演の阿部寛を筆頭に、豪華キャストが織り成す、恋愛アンサンブルが誕生。モラルや正論を軽やかに飛び越えてみせる、美しい刺激に彩られたセンセーショナルな愛の物語がここに完成。

監督:行定勲、出演:阿部寛,小泉今日子,野波麻帆