ギリシャに消えた嘘

ハイスミスの原作をヴィゴ・モーテンセン&キルスティン・ダンスト共演で映画化

ギリシャに消えた嘘 [Blu-ray]

ギリシャに消えた嘘

THE TWO FACES OF JANUARY 2014年 イギリス/フランス/アメリカ 96分

配給:

プレシディオ

ジャンル:

サスペンス

公式サイト:

http://www.kieta-uso.jp

公開日:2015-04-11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1962年、ギリシャのアテネでツアーガイドをしている米国人青年ライダル(O.アイザック)は、パルテノン宮殿で旅行中のアメリカ人紳士チェスター(V.モーテンセン)とその妻コレット(K.ダンスト)とめぐり合う。リッチで洗練された夫妻にたちまち魅了されたライダルは、彼らのガイドをかってでて、楽しい夕食のひとときを共にする。ところがその夜、チェスターはホテルの部屋に現れた探偵を誤って殺害し、ライダルがその後始末を手助けしてしまう。実はチェスターは大勢の投資家を欺き、大金を奪った詐欺師だった。やがて3人は、後戻りできない破滅への道を突き進んでいく...。

『太陽がいっぱい』『リプリー』の原作として名高い伝説の作家パトリシア・ハイスミスの傑作小説「殺意の迷宮」をヴィゴ・モーテンセン、キルスティン・ダンスト、オスカー・アイザックとハリウッドの豪華キャストによって映画化。ギリシャのアテネとクレタ島からトルコのイスタンブールへと舞台を移しながら、詐欺師とその美貌の妻、図らずも彼らの犯罪に加担してしまった青年の逃避行を描いたサスペンス・ドラマ。監督は、本作で初メガホンをとる、『ドライヴ』の脚本家ホセイン・アミニ。

監督:ホセイン・アミニ、出演:ヴィゴ・モーテンセン,キルスティン・ダンスト,オスカー・アイザック