うちの執事が言うことには

King&Prince 永瀬廉主演、累計110万部超えの同名ミステリー小説を実写映画化

うちの執事が言うことには

うちの執事が言うことには

2019年 日本

監督:

久万真路

出演:

永瀬廉(King&Prince)、清原翔神宮寺勇太(King&Prince)、優希美青神尾楓珠前原滉吹越満奥田瑛二

配給:

東映

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://uchinoshitsuji.com

公開日:2019-05-17

2019年5月17日(金)全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事…。烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

誰もが憧れる上流階級を舞台に、個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、シリーズ累計発行部数 110万部を超える同名ミステリー小説を実写映画化。主人公の名門・烏丸家27代当主・烏丸花穎には、本作が映画初主演となるKing&Princeの永瀬廉。新執事・衣更月蒼馬役には、NHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演する清原翔。大学生でありながら企業家、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー、赤目刻弥役には、King&Princeの神宮寺勇太。ほかに優希美青、神尾楓珠、矢柴俊博、村上淳、原日出子、吹越満、奥田瑛二らが脇を固める。監督は、映画『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』の久万真路。

監督:久万真路、出演:永瀬廉,清原翔,神宮寺勇太

予告編・特報