海辺の生と死

満島ひかり主演 「死の棘」の作家夫妻をモデルに描く出会いと恋の物語

海辺の生と死

海辺の生と死

2017年 日本 155分

監督:

越川道夫

配給:

フルモテルモ、スターサンズ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2017-07-29

2017年7月29日(土)より、テアトル新宿ほか全国順次公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島。国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった…。

「死の棘」で知られる作家・島尾敏雄と妻・島尾ミホが、それぞれ出会いのエピソードを綴った小説「島の果て」と「海辺の生と死」の二作品を原作に、二人が出会い永遠に解くことのできない赤い糸で結ばれるまでの時間を描いた美しい愛の物語。島尾ミホをモデルとしたヒロイン・大平トエを演じるのは、本作が4年ぶりの単独主演となる満島ひかり。トエの恋人で島尾敏雄をモデルとした朔(さく)中尉役に永山絢斗。ほかに、島で慈父(うんじゅ)と慕われるトエの父親役に津嘉山正種。朔中尉の部下、大坪役に井之脇海。自分より若い上官に鬱屈した表情を見せる兵士に川瀬陽太と実力派が揃い、作品に厚みを加えている。

監督:越川道夫、出演:満島ひかり,永山絢斗,井之脇海

予告編・特報