海を感じる時

市川由衣×池松壮亮共演、多感な少女期の心の戸惑いを鮮やかにとらえた衝撃作

海を感じる時 [Blu-ray]

海を感じる時

2014年 日本 118分

監督:

安藤尋

配給:

ファントム・フィルム

ジャンル:

ドラマ/青春

公式サイト:

http://umiokanjirutoki.com

公開日:2014-09-13
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

恵美子(市川)と洋(池松)。二人の出会いは高校の新聞部だった。授業をさぼって部室で暇つぶしをしていた恵美子は、ある日、先輩の3年生の洋と顔を合わせる。突然、洋はここで恵美子にキスを迫る。でも「決して君が好きな訳じゃない。ただ、キスがしてみたい」からだと。衝動的に体をあずける恵美子だったが、あくまで洋は「女の人の体に興味があっただけ」で「君じゃなくてもよかった」と言い放ち、拒絶する。それでも愛を知らない恵美子は洋を求め、大切にされないとわかっていても会うたびに自ら体を差し出す。こんな関係に寂しさを募らせながらも次第に「女」として目覚めていく自分に気付いていく。月日はたち、洋は東京へ下宿し、恵美子も洋の近くにいたい一心で東京の花屋で働いていた。会うたびに身体を重ねる二人。恵美子はどんな形でも洋のそばにいたい、洋に必要とされたいと願いながらも寄り添っては傷つき反発していくが…

1978年に第21回群像新人賞を受賞、現役女子高生が書いたスキャンダラスな文学として話題を呼び、一大センセーショナルを巻き起こした青春文学を映画化。主演には8年ぶりの単独主演作となる市川由衣。少女から女へと変貌を遂げようとする恵美子役を大胆な演技で体現、一途な想いながら葛藤する心の揺れを繊細かつ力強く演じ今までのイメージを一新、渾身の力を込めた演技で挑んでいる。相手の洋役には、映画主演・出演作やテレビドラマ、舞台、CMと多岐にわたり活躍する若手実力派俳優の池松壮亮。監督は『blue』『僕は妹に恋をする』の安藤尋。

監督:安藤尋、出演:市川由衣,池松壮亮,阪井まどか