嘘はフィクサーのはじまり

リチャード・ギア主演、超大物たちの依頼を解決しようと奔走する男の悲喜劇

嘘はフィクサーのはじまり

嘘はフィクサーのはじまり

NORMAN: THE MODERATE RISE AND TRAGIC FALL OF A NEW YORK FIXER 2016年 イスラエル/アメリカ 118分

配給:

ハーク

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.hark3.com/fixer

公開日:2018-10-27

2018年10月27日(土)、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

世界金融の中心地、ニューヨーク。その一端を牛耳るユダヤ人上流社会に食い込もうと、ノーマン・オッペンハイマーは小さな嘘を積み重ねて人脈を広げてきた。ある日、有名投資家に食い込む売り込むために彼が思いついた策は、講演のためにニューヨークを訪れていたイスラエルのカリスマ政治家ミカ・エシェルの肩書きを利用すること。偶然を装って彼の懐に飛び込み、一流ブランドの革靴と引き替えに私用の電話番号を入手した。3年後。イスラエル首相に就任したエシェルはノーマンとの再会に感動し、“ニューヨークのユダヤ人名誉大使”と人々に紹介する。羨望の眼差しに酔うノーマンは首相のお墨付きを武器に超大物たちの間で暗躍し始めるが、過度の“忖度”はさまざまな混乱を巻き起こし、果てには国際紛争を引き起こしかねない事態を招いてしまうのだった。

『愛と青春の旅立ち』『プリティ・ウーマン』『HACHI 約束の犬』のリチャード・ギアが、厄介事を引き受けまくる自称フィクサーを怪演したコメディ映画。ノーマンを翻弄するエシェルには、『運命は踊る』で主演を務めたイスラエルを代表する俳優リオル・アシュケナージ。ノーマンの甥っ子で敏腕弁護士のフィリップには『クィーン』のマイケル・シーン。他にコーエン兄弟やタランティーノ監督作品で重用される個性派スティーヴ・ブシェミ、『美女と野獣』のダン・スティーヴンス、女検察官をフレンチシックの女王シャルロット・ゲンズブールが演じる。監督は『ボーフォートレバノンからの撤退』「フットノー ト」のヨセフ・シダー。

監督:ヨセフ・シダー、出演:リチャード・ギア,リオル・アシュケナージ,マイケル・シーン

予告編・特報