ウトヤ島、7月22日

2011年にノルウェー・ウトヤ島で起こったテロ事件を72分間ワンカットで映像化

ウトヤ島、7月22日

ウトヤ島、7月22日

UTØYA 22. JULI 2018年 ノルウェー 97分

配給:

東京テアトル

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://utoya-0722.com

公開日:2019-03-08

2019年3月8日(金)より、ヒューマントラスト有楽町ほか全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

政治に関心ある数百人の若者が集い、キャンプファイヤーやサッカーに興じながら政治を学び、国の未来について語り合っているウトヤ島。そんなこの世の楽園のような場所を突如として銃声が切り裂き、キャンプ参加者の夢と希望を一瞬にして打ち砕く。何が起こっているのかわからないまま仲間たちと森へ逃げ込んだ少女カヤは、その恐怖のまっただ中でありったけの勇気を奮い起こし、離ればなれになった妹エミリアを捜し始めるのだが......。

2011年7月22日、ノルウェーの首都オスロ政府庁舎爆破事件により8人が死亡、さらにオスロから40キロ離れたウトヤ島で銃乱射事件が発生しノルウェー労働党青年部のサマーキャンプに参加していた十代の若者たちなど69人が殺害された。本作は、ウトヤ島でのテロに焦点を絞り、事件発生から終息に要した時間と同じ尺、つまりリアルタイムの72分間ワンカットで無差別銃乱射事件を映像化。ドラマ性や音楽などの装飾を一切排除し、登場人物の心の葛藤と身体的な反応を生々しいほどダイレクトに伝える。監督は『ヒトラーに屈しなかった国王』のエリック・ポッペ。

監督:エリック・ポッペ、出演:アンドレア・バーンツェン,エリ・リアノン・ミュラー・オズボーン

予告編・特報