ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜

太宰治の傑作短編小説を豪華キャストで映画化した、極上のラブストーリー

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜

2009年 日本 114分

原作:

太宰治(「ヴィヨンの妻」新潮文庫 刊)

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.villon.jp/

公開日:2009-10-10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

大酒飲みで浮気を繰り返す小説家・大谷(浅野)とその貞操な妻・佐知(松)。夫の酒代の肩代わりのために飲み屋・椿屋で働くことになった佐知は、持ち前の気立ての良さで人気者となり、いつしか椿屋はお客で溢れかえるようになる。佐知に好意を持つ真面目な工員・岡田(妻夫木)や、かつて佐知が思いを寄せていた弁護士・辻(堤)が現れ、佐知の心は揺れる。一方、生きることに苦悩する大谷は、死を選ぶために、愛人・秋子(広末)と姿を消してしまう…。

生誕100年を迎える太宰治による、前向きな女性を描いた傑作短編小説「ヴィヨンの妻」を映像化。放蕩の限りを尽くす小説家の夫と、そんな夫に翻弄されながらも明るくしなやかに生きていく妻・佐知の愛の物語。時代が変わっても人々を惹きつける太宰文学の映画化に豪華キャストが顔を揃え、『サイドカーに犬』の名匠・根岸吉太郎監督がメガホンをとる。

監督:根岸吉太郎、出演:松たか子,浅野忠信,室井滋