バイオレンス・ボイジャー

山奥で体験する“恐怖のアトラクション” 史上初の全編ゲキメーション長編映画

バイオレンス・ボイジャー

バイオレンス・ボイジャー

2018年 日本 83分

監督:

宇治茶

ナレーション:

松本人志

声の出演:

悠木碧田中直樹(ココリコ)、藤田咲高橋茂雄(サバンナ)、小野大輔田口トモロヲ

配給:

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

公式サイト:

http://violencevoyager.com

公開日:2019-05-24

2019年5月24日(金)より、シネ・リーブル池袋ほかロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

日本の山奥の村に住むアメリカ人少年のボビーは、数少ない友人のあっくんと飼い猫のデレクを連れて、村はずれの山に遊びに出かけた。その道中、娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”と書かれた看板を発見した彼らは、その看板に惹かれてその施設を目指すことに。遊び疲れて休憩していたところ、彼らはボロボロの服を着た少女・時子と出会う。彼女は、数日前からここを出られずにいると言う。彼らは、先客として迷い込んでいた村の子どもたちに出会うが、謎の白スーツを着た子どもの襲撃を受け、子どもたちは次々と捕獲されてしまう。時子の救出と復讐を果たすために、彼らは立ち上がるのだった…!

アニメーションと漫画(劇画)を融合した表現方法であるゲキメーション作品にして、ホラー、アクション、コメディ、クライム、ドラマ、ファンタジー、ミステリー、ロマンスなど、あらゆるジャンルを詰め込んだ、史上初の全編ゲキメーション長編映画。監督は、監督・脚本・編集・キャラクターデザイン・作画・撮影の6役を担当し、3年の歳月を掛けて本作を完成させた宇治茶。声の出演に悠木碧、田中直樹(ココリコ)、藤田咲、高橋茂雄(サバンナ)、小野大輔、田口トモロヲ。ナレーションには松本人志が特別出演する。

監督:宇治茶、出演:悠木碧,田中直樹,藤田咲

予告編・特報