ヴィオレット ある作家の肖像

フランスの女性作家ヴィオレット・ルデュックの知られざる半生を描いたドラマ

ヴィオレット ある作家の肖像

ヴィオレット ある作家の肖像

VIOLETTE 2013年 フランス 139分

配給:

ムヴィオラ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2015-12-19

2015年12月19日(土)より岩波ホールほか全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1907年、私生児として生まれたヴィオレット。ボーヴォワールと出会い、才能を認められ、戦後間もない 1946年に処女作「窒息」を出版。女性として初めて、自分自身の生と性を赤裸々に書き、ボーヴォワールだけでなく、カミュ、サルトル、ジュネら錚々たる作家に絶賛されたものの、当時の社会には受け入れらなかった。傷ついたヴィオレットは、パリを離れプロヴァンスに移り、そこで自身の集大成ともいえる新作「私生児」の執筆にとりかかりはじめるが…

代表作「私生児」「ボーヴォワールの女友達」の女性作家ヴィオレット・ルデュックの知られざる半生を描いたドラマ。監督は、『セラフィーヌの庭』でセザール賞最優秀作品賞に輝いた名匠マルタン・プロヴォ。主人公のヴィオレットを演じるのは、セザール賞ノミネ ート5回、2度の受賞に輝く名女優エマニュエル・ドゥヴォス。ボーヴォワール役に、サンドリーヌ・キベルラン。ヴィオレットを援助する香水メーカー・ゲランの経営者ジャックをオリヴィエ・グルメ。作家モーリス・サックスを劇作家で演出家のオリヴィエ・ピィが演じる。

監督:マルタン・プロヴォスト、出演:エマニュエル・ドゥヴォス,サンドリーヌ・キベルン,オリヴィエ・グルメ