輪違屋糸里 京女たちの幕末

浅田次郎の同名小説を映画化 新選組に翻弄される三組の男女の物語

輪違屋糸里 京女たちの幕末

輪違屋糸里 京女たちの幕末

2018年 日本

監督:

加島幹也

配給:

アークエンタテインメント

ジャンル:

ドラマ/時代劇

公式サイト:

http://wachigaiya.com

公開日:2018-12-15

2018年12月15日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

幕末の京都。花街で<島原輪違屋>に身を置く、天神糸里(藤野)。糸里が淡い恋心を抱くのは、新選組の土方歳三(溝端)だった。糸里とは仲の良い桔梗屋の芸妓吉栄(松井)は芹沢の腹心の平山五郎(佐藤)と恋仲で、初期の新撰組には、近藤勇と芹澤鴨(塚本)という二人の局長が存在していた。両派は対立を深めていくが、それは「百姓」と「武士」という決して超えられない壁でもあった。やがて持ち上がる芹澤鴨暗殺計画。男たちの抗争の影で翻弄されていく糸里、吉栄、そして芹澤の愛人お梅(田畑)。彼女たちは一体何を見て、何に殉じるのか。そして最後に下した決断とは…。

浅田次郎の同名小説を映画化。幕末の京都を舞台に、歴史が大きく変わろうとしている渦の中で、大義をもって都を守り、そして恐れられた新選組の姿を女性の視点で描いた愛の物語。主人公、島原輪違屋の芸妓・糸里を演じるのは、『ソロモンの偽証』の藤野涼子。土方歳三役に溝端淳平。吉栄役に松井玲奈、平山五郎役に佐藤隆太、芹澤鴨役には塚本高史、愛人お梅役に田畑智子。ほかに炎鷹、新妻聖子、榎木孝明、石濱朗らが脇を固める。監督は、TVシリーズ「鬼平犯科帳」など、人間ドラマと時代劇を融合させる名手・加島幹也。

監督:加島幹也、出演:藤野涼子,溝端淳平,松井玲奈

予告編・特報