わが母の記

井上靖の自伝的小説を役所広司主演で映画化した家族の絆の物語

わが母の記 [DVD]

わが母の記

2011年 日本 118分

監督:

原田眞人

配給:

松竹

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.wagahaha.jp

公開日:2012-04-28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

小説家の伊上洪作(役所)は、幼少期に兄妹の中でひとりだけ両親と離れて育てられたことから、実母・八重(樹木)に捨てられたという想いを抱きながら生きてきた。父が亡くなり、残された母の暮らしが問題となり、長男である伊上は、妻と琴子(宮崎)ら3人の娘たち、そして妹たちに支えられ、ずっと距離をおいてきた母と向き合うことになる。老いて次第に失われてゆく母の記憶。その中で唯一消されることのなかった、真実。初めて母の口からこぼれ落ちる、伝えられなかった想いが、50年の時を超え、母と子をつないでゆく──。

昭和を代表する文豪・井上靖が、自身の人生、家族との実話をもとに綴った自伝的小説を元に、原田眞人監督がメガホンをとり描いた家族の絆の物語。第35回モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞。主人公の伊上洪作に役所広司、母の八重に樹木希林、娘の琴子には宮崎あおい他、日本を代表する実力派俳優たちの豪華競演が実現した。

監督:原田眞人、出演:役所広司,樹木希林,宮崎あおい