WALKING MAN

野村周平主演、極貧生活のどん底からラップ一つで這い上がる青年を描いたドラマ

WALKING MAN

WALKING MAN

2019年 日本

監督:

ANARCHY

配給:

エイベックス・ピクチャーズ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-10-11

2019年10月11日(金)より新宿バルト9ほか全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

川崎の工業地帯。幼い頃から人前で話すことも笑うことが苦手なアトム。極貧の母子家庭で、母と思春期の妹ウランと暮らしながら、不用品回収業のアルバイトで生計をたてる日々を送っていた。ある日、母が事故にあい重病を負ってしまう。家計の苦しさから保険料を滞納していた一家に向かって、ソーシャルワーカーの冷淡な声が響く。「自己責任って聞いたことあるでしょ?なんでもかんでも世の中のせいにしちゃダメだからね」。毎日のように心無い言葉を投げつけられるアトムだったが、偶然ラップと出会ったことでバカにされながらも夢へと向かっていく―。

ラッパーANARCHY(アナーキー)が、自身の実体験なども盛り込み初監督を務めた青春ドラマ。極貧の母子家庭で育った心優しき青年が、RAP音楽と出会い、最底辺の生活から抜け出すべく奮闘し成長を遂げていく姿を描く。主人公アトム役には『ちはやふる』シリーズ、『帝一の國』、『ビブリア古書堂の事件手帖』の野村周平。アトムの妹・ウランにNHK連続テレビ小説「あまちゃん」、「デスノート」など出演の優希美青、職場の先輩で良き理解者の山本に柏原収史、行きつけの中華屋の美人店員キムに伊藤ゆみがそれぞれ扮し、冨樫真、星田英利、渡辺真起子、石橋蓮司といった個性派・実力派が脇を固める。

監督:ANARCHY、出演:野村周平,優希美青,柏原収史

予告編・特報