わたしは光をにぎっている

閉店間近の銭湯を舞台に、都会の中で居場所を見つけ生きる若者の姿を描いたドラマ

わたしは光をにぎっている

わたしは光をにぎっている

2019年 日本

配給:

ファントム・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-11-15

2019年11月15日(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

両親を早くに亡くした澪は、長野の民宿を祖母と2人で切り盛りし、淡々とした日常を送っていた。しかし祖母の入院を機に民宿を閉めざるを得なくなり、父の親友であった京介を頼って上京、彼がひとりで経営する都内の銭湯の元で居候をすることになる。銭湯にたむろする常連客達と次第に親密になる澪は、東京での日々が少しずつ楽しくなっていく。しかし、区画整理のため銭湯が近いうちに閉店する運命にあることを知った彼女は、ある決断をするのだが・・・。

『四月の永い夢』で第39回モスクワ国際映画祭・国際映画批評家連盟賞を受賞した新鋭・中川龍太郎監督が、閉店間近の銭湯を舞台に、都会の中で居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿を丁寧に描いたドラマ。主演を務めるのは、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の松本穂香。澪の父の親友・京介役に光石研。澪が東京で出会う、映画監督を目指す青年・銀次役に渡辺大知。ほかに徳永えり、吉村界人、樫山文枝らが脇を固める。

監督:中川龍太郎、出演:松本穂香,渡辺大知,徳永えり

予告編・特報