ディバイナー 戦禍に光を求めて

ラッセル・クロウ初監督・主演 出征した息子たちを探す父の愛を描いた叙事詩

ディバイナー 戦禍に光を求めて [Blu-ray]

ディバイナー 戦禍に光を求めて

THE WATER DIVINER 2014年 オーストラリア/アメリカ/トルコ 111分

配給:

東京テアトル

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://diviner-movie.jp

公開日:2016-02-27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1919年。オーストラリア人の農夫ジョシュア・コナー(R.クロウ)は、ガリポリの戦いから4年後、戦争で行方不明になった3人の息子たちの最期を知るため、トルコへと旅に出る。故郷から遥か遠い異国の地での捜索は困難を極めるが、コナーの決意は決して揺らがない。そして、イスタンブールで宿を営む美しい女性アイシェ(O.キュリレンコ)や、息子たちと戦ったトルコの英雄・ハーサン少佐(Y.エルドガン)らの助けを借りながら、コナーは他者を許すこと、そして自分を許すことを知り、ついには一縷の希望を掴む。迫り来る危険に立ち向かい、果たして愛する息子を捜し出せるのかー。

『グラディエーター』『ノア 約束の舟』のラッセル・クロウが初監督をつとめたドラマ。第一次世界大戦中のトルコ・ガリポリの戦いから4年後、生死も分からない3人の息子達を探し出すため、オーストラリアからやって来た父親の底知れぬ喪失感と圧倒的な愛を、実話をベースに描いた叙事詩。ラッセル・クロウが主人公のオーストラリア人農夫を演じ、共演には、『007/慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコ、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』のジェイ・コートニー、『サイの季節』のユルマズ・エルドガンら実力派俳優が脇を固める。オーストラリア アカデミー賞では、最優秀作品賞ほか主要3部門を受賞した。

監督:ラッセル・クロウ、出演:ラッセル・クロウ ,オルガ・キュリレンコ,ジェイ・コートニー