ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋

英国王室を揺るがした“王冠をかけた恋”の知られざる真実を、マドンナが映画化

ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋

ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋

W.E. 1011年 イギリス 119分

監督:

マドンナ

配給:

クロックワークス

ジャンル:

ドラマ/ラブロマンス

公式サイト:

http://we-movie.net/

公開日:2012-11-03

2012年11月3日(土)より新宿バルト9、TOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1998年、ニューヨーク。一流分析医の夫と、誰もが羨む暮らしを送るウォリーには、人知れぬ悩みがあった。結婚して6年。ウォリーは妊娠を望むも夫は非協力的な態度であるばかりか、毎夜仕事を理由に家を空けている。やり場のない気持ちをかかえていたウォリーは、ある日”王冠をかけた恋“で知られる英国王エドワード8世とその妻ウォリスシンプソンの遺品オークション展覧会を訪れる。そこでウォリーは2人の愛の結晶ともいえる数々の芸術品に魅了され、国王の心をつかんだアメリカ人女性ウォリスの愛の物語に心惹かれて行く。しかし、世紀の恋を生き、すべてを手に入れたと思われていだウォリスにも、知られざる苦悩があった――。

1936年、自らの王位を棄て、離婚歴のあるウォリス・シンプソンとの結婚を選択した英国王エドワード8世。この英国王室、そして全世界を揺るがした世紀のスキャンダル“王冠をかけた恋”の知られざる真実を、マドンナ監督が長年の構想・脚本執筆を経て映画化。現代のNYと1930年代イギリスを舞台に、これまで語られることのなかった、王族に恋をしたひとりの女性の物語を描く。

監督:マドンナ、出演:アビー・コーニッシュ,アンドレア・ライズブロー,ジェームズ・ダーシー