ビトレイヤー

リドリー・スコットが製作総指揮を務めたクライム・サスペンス・アクション

ビトレイヤー

ビトレイヤー

WELCOME TO THE PUNCH 2013年 イギリス/アメリカ 99分

配給:

ファインフィルムズ

ジャンル:

サスペンス

公開日:2013-05-04

2013年5月4日(祝・土)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

事件に巻き込まれた息子から連絡を受けたスターンウッド(M.ストロング)は、潜伏からロンドンへと戻ってくる。捜査官のマックス(J.マカヴォイ)にとっては、かつて心身ともに深い傷を負わされた因縁の相手であり、大物犯罪者のスターンウッドを捕まえるまたとないチャンスだった。衝突を繰り返す二人だったが、やがて政府絡みの陰謀に巻き込まれたことを知り、互いが生き延びるため協力し、巨大組織と戦うことになる。

リドリー・スコットが製作総指揮を務めたクライム・サスペンス・アクション。ジェームズ・マカヴォイ演じる捜査官と、『ゼロ・ダーク・サーティ』『裏切りのサーカス』などの演技派マーク・ストロング演じる犯罪者が対立するなか、いつしか巨大な陰謀に巻き込まれていくさまを描く。監督・脚本は、自らの経験を描いた『Shifty(原題)』で脚本・監督デビューを果たし、2008年英国映画テレビ芸術アカデミー賞にノミネートされたエラン・クリーヴィー。

監督:エラン・クリーヴィー、出演:ジェームズ・マカヴォイ,マーク・ストロング,アンドレア・ライズブロー