提報者 ES細胞捏造事件

黄禹錫博士による”韓国 ES 細胞捏造事件”を完全映画化した実録サスペンス

提報者 ES細胞捏造事件

提報者 ES細胞捏造事件

제보자/THE WHISTLEBLOWER 2014年 韓国 114分

配給:

クロックワークス

ジャンル:

サスペンス/ドラマ

公開日:2015-10-03

2015年10月3日(土)~10月9日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷にて一週間限定公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

世界で初めてヒトのES細胞作製に成功したというイ博士の発表に沸き立つ韓国。テレビ局のプロデューサー・ユンは匿名の情報提供者から、博士の研究成果は捏造されたものだと告発の電話を受ける。電話の主はイ博士と研究を共にしていた若手研究者シム。彼は科学者としての良心の呵責に苛まれ、告発を決意したのだった。彼の証言を信じたユンは、真実を明らかにするため取材を開始する。しかし、イ博士への批判は国益に反するとする世論やマスコミ、さらには政府からの激しい圧力・抗議が彼らの前に立ちはだかるのだった…。

2005年に韓国で発覚した黄禹錫(ファン・ウソク)博士による ES細胞捏造事件を完全映画化。主演は『殺人の追憶』で知られる名優パク・ヘイル。さらには名バイプレーヤー イ・ギョンヨンや絶大な人気を誇る若手俳優ユ・ヨンソクが脇を固め、センセーショナルなストーリーを盛り上げる。名声のために研究結果を捏造する科学者、国益のために真実から目を背ける国民らの姿を、真実のために奔走するジャーナリストの視点で描く。

監督:イム・スルレ、出演:パク・ヘイル,イ・ギョンヨン,ユ・ヨンソク