ニューヨーク 冬物語

神秘的な街ニューヨークを舞台に描く、100年以上にも及ぶ運命的な愛の物語

ニューヨーク 冬物語

ニューヨーク 冬物語

WINTER’S TALE 2013年

配給:

ワーナー・ブラザース映画

ジャンル:

ドラマ/ラブロマンス

公式サイト:

http://www.ny-fuyu.jp

公開日:2014-05-16

2014年5月16日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

人生に生きる価値なんてない──ピーターは、そう思っていた。幼い頃に両親と生き別れた彼は気がつけばニューヨークの裏社会を支配する男のもとで、悪に手を染める日々を送っていた。ある日ピーターは美しい令嬢、ベバリーと出会い、すぐに恋に落ちた。初めて生きることの素晴らしさを知ったピーター。だが、ベバリーの余命はわずかだった。彼女を救うためなら何だってする──。ピーターの切なる想いは叶わず、ベバリーの命はつきてしまう。100年後、ニューヨークの街に、記憶を失くしたピーターの姿があった。「俺は、なぜまだ生きている?」記憶がひとつ甦るたびに、生まれる謎。100年にわたり生かされた男に与えられた、ある使命とは──?

1983年に出版されて以来、世界各国で愛されている大ベストセラー、マーク・ヘルプリンの「ウィンターズ・テイル」を、『ビューフティフル・マインド』でアカデミー賞脚本賞を受賞したアキバ・ゴールズマンが監督と脚本を兼任し映画化。冬のニューヨークを舞台に、100年以上にも及ぶ
運命的な愛を描いたファンタジックなラブストーリー。主人公ピーターに『トータル・リコール』のコリン・ファレル、ヒロインのベバリーにはドラマ「ダウントン・アビー」のジェシカ・ブラウン・フィンドレイ。ほかにラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、ウィリアム・ハートらアカデミー賞に輝く演技派たちの贅沢なアンサンブルが繰り広げられる。

監督:アキバ・ゴールズマン、出演:コリン・ファレル,ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ,ラッセル・クロウ