女と男の観覧車

W・アレン監督×K・ウィンスレット主演、夢のように美しい映像で描く人生の切なさ

女と男の観覧車

女と男の観覧車

WONDER WHEEL 2017年 アメリカ 109分

配給:

ロングライド

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-06-23

2018年6月23日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

時は1950年代、主人公のジニー(K.ウィンスレット)は、元女優で、今はコニーアイランドの遊園地にあるレストランで、ウェイトレスとして働いている。再婚同士で結ばれた、回転木馬の操縦係を務める夫のハンプティ(J.ベルーシ)、そして自身の連れ子と観覧車の見える部屋で暮らしている。実は彼女は夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキー(J.ティンバーレイク)と付き合っていた。平凡な毎日に失望していたジニーは、脚本家を目指すミッキーとの未来に夢を見ていた。だが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘キャロライナ(J.テンプル)が現れたことから、すべてが狂い始める──。

1950年代、ニューヨークのブルックリンの南端に位置する半島、コニーアイランドを舞台に、どこかにもっと素敵な人生が待っているはずだという切ない夢にその身を投げ出す女性を描いたドラマ。主人公ジニーを演じたのは、アカデミー賞に7度もノミネートされ『愛を読むひと』で遂に同賞主演女優賞に輝いたケイト・ウィンスレット。女心を無邪気に翻弄するジニーの恋人のミッキーにジャスティン・ティンバーレイク。ジニーに振り回される夫のハンプティには、脚本家、ミュージシャンとしても活躍するジム・ベルーシ。ハンプティの愛らしくてセクシーな娘キャロライナを、アレンに大抜擢された新鋭、『マレフィセント』のジュノー・テンプルが演じる。

監督:ウディ・アレン、出演:ケイト・ウィンスレット,ジャスティン・ティンバーレイク,ジュノー・テンプル

予告編・特報