八重子のハミング

四度のガンの手術から生還した夫とアルツハイマー病を発症した妻の12年間

八重子のハミング [DVD]

八重子のハミング

2016年 日本 112分

監督:

佐々部清

配給:

アークエンタテインメント

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://yaeko-humming.jp

公開日:2017-05-06
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

山口県のとあるホール。「やさしさの心って何?」と題された講演。 演台に立つのは白髪の老人・石崎誠吾。若年認知症を患った妻・八重子の介護を通して、自らが経験したこと、感じたことを語っていく。「妻を介護したのは12年間です。その12年間は、ただただ妻が記憶をなくしていく時間やからちょっと辛かったですいねぇ。でもある時こう思うたんです。妻は時間を掛けてゆっくりと僕にお別れをしよるんやと。やったら僕も妻が記憶を無くしていくことを、しっかりと僕の思い出にしようかと…」。誠吾の口から、在りし日の妻・八重子との思い出が語られる。かつて音楽の教師だった八重子は、徐々に記憶を無くしつつも、誠吾が歌を口ずさめば笑顔を取り戻すことも…。

山口県・萩市を舞台に、4度のガンの手術から生還した夫が、アルツハイマー病を発症した妻に寄り添って介護を続ける12年間を描いた夫婦の物語。監督は、『ツレがうつになりまして。』『夕凪の街 桜の国』の名匠佐々部清監督。主人公・石崎誠吾を演じるのは芸能生活40年にして初の主演となる名優、升毅。作家としても活躍し、28年ぶりの映画復帰となる高橋洋子が妻の八重子を演じる。原作は陽信孝氏の『八重子のハミング』(小学館)。

監督:佐々部清、出演:升毅,高橋洋子,文音