大和(カリフォルニア)

神奈川県大和市を舞台に描く新世代音楽青春映画

大和(カリフォルニア)

大和(カリフォルニア)

2016年 日本 119分

監督:

宮崎大祐

配給:

boid

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-04-07

2018年4月7日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

神奈川県大和市。この町は戦後米軍基地と共に発展してきた。厚木基地の住所はカリフォルニア州に属しているのだという都市伝説があるという。10代のラッパー・長嶋サクラは、日本人の母と兄、母の恋人で米兵のアビーに囲まれ、この町同様、複雑な関係性の中で育ってきた。アメリカのラッパーに憧れて、サクラは毎日ラップの練習と喧嘩に明け暮れる。ある日、アビーの娘・レイがカリフォルニアからやってくる。日米のハーフで、サンフランシスコで生まれ育ったレイ。好きな音楽の話をきっかけにして2人は距離を縮めていくのだが──。

米軍基地、貧困といった問題を抱える神奈川県大和市を舞台に、ひとりの少女が“語るべき言葉”を獲得していく物語。サクラを演じるのは、今年『霊的ボリシェヴィキ』『菊とギロチン』の韓英恵。監督は、黒沢清監督『トウキョウソナタ』の助監督などを経て、2011年に筒井武文監督『孤独な惑星』で脚本家デビュー、同年に初長編作品『夜が終わる場所』を発表した宮崎大祐。世界各地の映画祭に招待され、ニューヨーク・タイムズやハリウッド・リポーター、ヴァラエティと言った海外メディアで絶賛された。

監督:宮崎大祐、出演:韓英恵,遠藤新菜,片岡礼子