予兆 散歩する侵略者

映画『散歩する侵略者』から生まれた恐怖と驚愕の侵略サスペンス

予兆 散歩する侵略者

予兆 散歩する侵略者

2017年 日本 140分

監督:

黒沢清

配給:

ポニーキャニオン

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://yocho-movie.jp

公開日:2017-11-11

2017年11月11日(土)より公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

山際悦子(夏帆)は、同僚の浅川みゆき(岸井)から、「家に幽霊がいる」と告白される。みゆきの自宅に行くとそこには実の父親がいるだけだった。みゆきの精神状態を心配した悦子は、夫・辰雄(染谷)の勤める病院の心療内科へみゆきを連れていく。診察の結果、みゆきは「家族」という《概念》が欠落していることが分かる。帰宅した悦子は、辰雄に病院で紹介された新任の外科医・真壁司郎(東出)に違和感を抱いたことを話すが、辰雄からは素っ気ない返事のみ。常に真壁と行動をともにする辰雄が精神的に追い詰められていく様子に、悦子は得体の知れない不安を抱くようになる。ある日、悦子は病院で辰雄と一緒にいた真壁から「地球を侵略しに来た」と告げられる。冗談とも本気ともつかない告白に、悦子は自分の身の周りで次々に起こる異変に、真壁が関与しているのではないかと疑い始める─

劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の人気舞台を、黒沢清監督が映画化した『散歩する侵略者』のスピンオフドラマとして生まれ、WOWOWでOAされた「予兆 散歩する侵略者」の劇場版。「侵略者」がやってきたそのとき、別の街では何が起きていたのか?黒沢監督のそんな着想から生まれた本作では、新たな設定、キャストでアナザーストーリーが語られてゆく。異変に気付き、必死に自分たちの世界を守ろうとする主人公・悦子に夏帆。図らずも「侵略者」の手先となり苦悩する悦子の夫・辰雄に染谷将太。そして「“悪”の侵略者」を東出昌大が演じる。黒沢監督とともに共同脚本を務めたのは、『リング』シリーズなどを手掛けJホラーブームをけん引した高橋洋。

監督:黒沢清、出演:夏帆,染谷将太,東出昌大

予告編・特報