ゆずりは

滝川広志(コロッケ)主演、永遠の別れと再生を描いたハートフルな人間ドラマ

ゆずりは

ゆずりは

2018年 日本

監督:

加門幾夫

配給:

エレファントハウス

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://eiga-yuzuriha.jp

公開日:2018-06-16

2018年6月16日(土)より新宿 K’s Cinema、 イオンシネマ板橋ほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

長年、「死」を仕事とすることで、“心が死んでしまった”葬儀社・安宅のベテラン社員、水島正二(滝川広志)は新入社員の高梨歩(柾木玲弥)の教育係を務めることに。イマドキな外見と酷い言葉遣いの高梨だったが、実は感受性豊かな心優しい青年だった。時に葬儀社のルールを破ってでも、遺族の思いに寄り添おうとする高梨とともに、亡き人々とその遺族たちとの交流を続けるうち、水島は自分の「死んだ心」に生まれつつある変化に気づき始めていた…。

葬儀社を舞台にベテラン社員とイマドキ新入社員のコンビが、亡き人々とその遺族との交流を通して、「生」と「死」に向き合う様を描いた、新谷亜貴子による同名小説を映画化。葬儀社・安宅(あたか)のベテラン社員、水島を演じるのは、300以上もの多彩なものまねレパートリーで日本を代表するエンターテイナー、コロッケこと滝川広志。モノマネ芸人としての顔を封印して演じるにあたり、本名である滝川広志名義で初主演を飾る。水島の相棒になる新入社員、高梨を演じるのは柾木玲弥。監督は「HERO」など、数多くのTVドラマや映画で演出を手掛けてきた加門幾生。

監督:加門幾夫、出演:滝川広志,柾木玲弥,原田佳奈

予告編・特報