ゼロ・ダーク・サーティ

オサマ・ビンラディン捕縛・殺害までの真実に迫るサスペンス超大作

ゼロ・ダーク・サーティ

ゼロ・ダーク・サーティ

ZERO DARK THIRTY 2012年

配給:

ギャガ

ジャンル:

サスペンス

公開日:2013-02-15

2013年2月15日(金)TOHOシネマズ有楽座他、全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ビンラディン捜索に巨額の予算をつぎ込みながら、一向に手掛かりをつかめないCIAは、パキスタンの追跡チームに期待の星を投入する。華奢で青白く澄んだ瞳が印象的な20代半ばの女性、マヤ(J.チャステイン)。チームは捕虜への過激な尋問から、ビンラディンの連絡員の存在を突き止める。だが、居場所はもちろん本名もわからない。ある日、アルカイダ幹部の自爆テロで工作員たちが命を奪われる。大切な同志を失い、捜査も大きな壁にぶつかった時、マヤの中の何かが一線を超える。周囲が「狂ったのか」「世界を敵に回している」と驚く執念で、全人生を捜査に捧げるマヤ。ついにマヤは連絡員を特定し、ビンラディンの隠れ家を発見したと確信するのだが、彼女が断言する確率100%に同意する者はいない。果たして、CIAが、そして最後に大統領が下した決断とは──? 

2011年5月1日、アメリカ同時多発テロ事件の首謀者とされるオサマ・ビンラディンの捕縛・殺害が実行された。2001年9月11日からその日まで、実際にはどんな計画が立てられ、何が行われてきたのか。これまで明かされてこなかった真実に迫るサスペンス超大作。監督は、『ハート・ロッカー』でアカデミー賞を受賞したキャスリン・ビグロー。主人公の分析官マヤには、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』『ツリー・オブ・ライフ』のジェシカ・チャステイン。ほかに、ジェニファー・イーリー、ジェイソン・クラーク、マーク・ストロング、ジェームズ・ガンドルフィーニらが脇を固める。

監督:キャスリン・ビグロー、出演:ジェシカ・チャステイン,ジェイソン・クラーク,ジョエル・エドガートン