遠くでずっとそばにいる

倉科カナ主演。記憶障害で過去を失った女性の葛藤と再生を描いたドラマ

遠くでずっとそばにいる

遠くでずっとそばにいる

2013年 日本 108分

監督:

長澤雅彦

配給:

ソニーPCL

ジャンル:

ドラマ

公開日:2013-06-15

2013年6月15日(土)ユーロスペースほか全国順次ロードショー、6月8日(土)TOHOシネマズ秋田ほ か先行上映

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

志村朔美(倉科)、27歳。交通事故で記憶障害が起こり、10年分の記憶を失ってしまった。頭の中だけが17歳に逆戻りしてしまった朔美は、自分の周辺で突然起こった変化に戸惑いながらも、その状況を楽しんでもいた。それでもやはり、10年の《失われた》出来事が気になり始め、恋人と思われる細見良彦(中野)や、高校時代の同級生で、今は性同一性障害のため男の子になりかけている大島薫(伽奈)に助けられながら失われた記憶を辿り始める。17歳の朔美にとって見覚えのない鍵、半分だけの絵、そして10年分の写真の束…。記憶をたどりながら明らかになる不可解な事実――。果たして、失われた記憶は、27歳の朔美にどんな未来をもたらすのだろうか‥‥。

交通事故による記憶障害で過去を失った女性が、自らの過去と向き合うことで苦しみ、葛藤し、そして自分を見つめ直していく姿を描いたドラマ。主人公・朔美を演じるのは、『夢売るふたり』やドラマ「dinner」などで注目を集める、倉科カナ。共演には、中野裕太、伽奈、清水くるみ、徳井義実(チュートリアル)、六角精児、岡田奈々など多彩な俳優陣が顔を揃える。原作・脚本は、狗飼恭子の同名小説。メガホンをとったのは、『天国はまだ遠く』以来5年ぶりの長編作となる長澤雅彦監督。また、岩井俊二が、自らの作品以外で初めて長編劇場映画の音楽を手掛けている。

監督:長澤雅彦、出演:倉科カナ,中野裕太,伽奈