ニュース&レポート

サム・メンデス監督最新作『1917 命をかけた伝令』2月14日公開決定 予告編&ポスタービジュアル解禁

1917 命をかけた伝令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『アメリカン・ビューティー』『007スペクター』のサム・メンデス監督最新作の邦題が『1917 命をかけた伝令』となり、公開が2020年2月14日(金)に決定。本作の予告編&ポスタービジュアルが解禁された。

本作は、第一次世界大戦を舞台に、若きイギリス兵スコフィールドとブレイクの2人が、兄も含めた最前線にいる仲間1600人の命を救うべく、一刻も早く重要な伝令を届けるため、様々な危険が待ち受ける敵の陣地に身を投じ、駆け抜け、立ち向かう物語。

若きイギリス兵には、ジョージ・マッケイ(『はじまりへの旅』)、ディーン・チャールズ=チャップマン(「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ)のフレッシュな英国俳優を抜擢し、ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロングらイギリスを代表する実力派俳優が脇を固めている。

先月行われたN.Y.コミコンで本作のメイキング映像が発表されるや、“屋外ロケでワンカット撮影”という驚くべき方法によって制作されたことで話題をさらった。サム・メンデス監督によると、観客が主人公たちと同じ戦場に置かれ、緊迫感と兵士達の不安や動揺などの心情を共感し、本作に没入してもらうべく選んだ“究極の手法”がこの“全編ワンカット撮影”だったとのことで、「完璧に途切れなく物語を描くために、全てにおいて秒単位まで計算されるなど緻密な調整をした」「特にリハーサルについては、今までの過去のどの作品よりも時間を費やした」と話し、「自身のキャリアにおいて、最もエキサイティングな仕事だった」と自信をのぞかせていた。

早くも海外では大きな話題となっており、ハリウッド批評家協会賞(旧ロサンゼルス・オンライン映画批評家協会賞)では作品賞・アクション映画賞(戦争映画部門)・撮影賞(ロジャー・ディーキンス)・編集賞(リー・スミス)・作曲賞(トーマス・ニューマン)・視覚効果賞・スタントワーク賞の7部門で本作がノミネートされるなど、本年度アカデミー賞の最有力候補としてフロントランナーに躍り出ている。


予告編では、突如敵機が向かってくる映像から始まり、「君たちの任務は“伝令”だ」と伝えられる若き兵士たち。「仲間を救いたければ 命の限り 急ぐんだ」というカンバーバッチ演じる上官の言葉に駆り立てられるように、戦地を急ぐ2人。敵の襲撃、スナイパーとの対峙、闇を照らす照明弾、沼地や塹壕を抜け激流へのダイブ、と、ワンカットで主人公たちに肉薄し続けるカメラの映像が、臨場感とそしてあたかも一緒に戦場にいるようなリアルタイムのドラマを伝えてくる。予告編のラスト、銃弾が飛び交い、兵士たちが入り乱れる戦場を、ただひたすら走り続ける主人公。果たして、彼らは無事に伝令を届けることができたのか―。


また予告編と同時に、ポスタービジュアルも解禁。大きく切り抜かれた「1917」のタイトルの中に、朝日なのか夕陽なのか光に向かって走っていく2人の兵士の後ろ姿が見え隠れしている。「走れ。」のコピーが示すように、走り続けなければいけない彼らの運命が、写し出されている。

『1917 命をかけた伝令』
監督:サム・メンデス(『007 スペクター』(15)、『007 スカイフォール』(12)、『アメリカン・ビューティー』(99)ほか)
脚本:サム・メンデス、クリスティ・ウィルソン=ケアンズ(「ナイトメア ~血塗られた秘密~」シリーズ)
製作:サム・メンデス、ピッパ・ハリス(「ナイトメア ~血塗られた秘密~」シリーズ、『悲しみが乾くまで』(08)ほか
出演:ジョージ・マッケイ、ディーン・チャールズ=チャップマン、ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロングほか
配給宣伝:東宝東和
(C) 2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
公式HPサイト:1917-movie.jp

2020年2月14日(金)、全国ロードショー
2019年11月29日