ニュース&レポート

『47RONIN』世界最速公開に先駆け、キアヌ・リーブスの来日が決定!

47RONIN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ハリウッドの一流スタッフと日米豪華キャストが総力を結集し、日本の「忠臣蔵」をモチーフに描かれる3Dアクション超大作『47RONIN』。12月6日(金)の世界最速公開に先駆け、11月にワールドプレミアが日本で開催決定。これにあわせ、キアヌ・リーブスが来日することが決まった。
『47RONIN』世界最速公開に先駆け、キアス・リーブスの来日が決定!

緑豊かな赤穂の国。大石(真田広之)率いるサムライたちは、吉良(浅野忠信)と謎の女ミヅキ(菊地凛子)の陰謀により、尊敬する主君とサムライの身分を奪われる。次に吉良の毒牙が狙ったのは、姫のミカ(柴咲コウ)。そのとき、大石とともに立ち上がったのは、素性不明の混血の男カイ(キアヌ・リーブス)だった。圧倒的な敵軍に対し、味方はわずか47人。決死の戦いに臨むRONINたちははたして主君の仇を討てるのか。そしてカイは、愛するミカを守りぬけるのか──。

12月6日(金)、日本で世界最速公開される『47RONIN』は、「忠臣蔵」をベースとしつつも、新たなオリジナル・ストーリーと最新CG技術を駆使して製作された、「未体験の忠臣蔵」ともいうべき3Dアクション超大作。

主人公で、すべてが謎めいた異端のRONIN、カイをキアヌ・リーブス。彼を導くサムライの将を真田広之が熱演。彼らを苦しめる巨大な悪には、浅野忠信と菊地凛子。さらに注目は、今作がハリウッドデビューとなる柴咲コウ。デビュー作とは思えない存在感で、キアヌと禁断の恋に落ちるヒロインを好演。さらに若きサムライとして、赤西仁も顔を揃える。

日本での世界最速公開も話題を呼んだ本作だが、なんとワールドプレミアの開催地もここ日本になる事が決定し、主演のキアヌ・リーブスが11月に来日することが発表された。キアヌが来日するのは2008年以来約5年ぶり。18日の記者会見および、19日開催のワールドプレミアには、キアヌの他、カール・リンシュ監督、真田広之、浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウ、赤西仁も参加予定で、今年を締めくくるにふさわしい本作を日本のファンへ向けてお披露目する。
2013年10月30日
『47RONIN』
2013年12月6日(金)、世界最速公開
公式サイト:http://47ronin.jp