ニュース&レポート

第68回ゴールデングローブ賞『ソーシャル・ネットワーク』が作品賞ほか4冠獲得

ゴールデングローブ賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1月16日(土)(日本時間17日)、アカデミー賞前哨戦として注目される、第68回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が行われ、各部門の受賞作品及び受賞者が発表された。
第68回ゴールデングローブ賞

作品賞(ドラマ部門)に輝いたのは、日本でも1月15日(土)に330スクリーンで公開され、興行成績初登場1位を獲得している『ソーシャル・ネットワーク』。本作は、デヴィッド・フィンチャーが監督賞、アーロン・ソーキンが脚本賞、トレント・レズナー&アッティカス・ロスが作曲賞に輝き、最多4部門での受賞となった。

また、コメディ・ミュージカル部門で作品賞に輝いたのは、『キッズ・オールライト』。アネット・ベニングとジュリアン・ムーアが"夫婦"として共演し、とある家族に起きた亀裂・崩壊・再生を描いた本作は、日本ではゴールデン・ウィークに公開予定。

ほかにも、ナタリー・ポートマンが『ブラック・スワン』で主演女優賞、コリン・ファースが『英国王のスピーチ』で主演男優賞に輝き、5部門でノミネートされていた『ザ・ファイター』は、助演女優賞と助演男優賞のW受賞となった。

各部門の受賞作品及び受賞者は以下の通り。
ノミネート作品はこちら

■作品賞(ドラマ部門)
ソーシャル・ネットワーク

■主演女優賞(ドラマ部門)
・ナタリー・ポートマン 『ブラック・スワン

■主演男優賞(ドラマ部門)
・コリン・ファース 『英国王のスピーチ

■作品賞(コメディ・ミュージカル部門)
・『キッズ・オールライト

■主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)
・アネット・ベニング 『キッズ・オールライト

■主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門)
・ポール・ジアマッティ 『BARNEY'S VERSION(原題)』

■アニメ部門
・『トイ・ストーリー3

■外国語映画賞
・『IN A BETTER WORLD』(デンマーク)

■助演女優賞
・メリッサ・レオ 『ザ・ファイター

■助演男優賞
・クリスチャン・ベイル 『ザ・ファイター

■監督賞
・デヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク

■脚本賞
・アーロン・ソーキン 『ソーシャル・ネットワーク

■作曲賞
・トレント・レズナー&アティカス・ロス 『ソーシャル・ネットワーク

■主題歌賞
・"YOU HAVEN'T SEEN THE LAST OF ME" 『バーレスク
2011年1月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加