ニュース&レポート

第72回ゴールデングローブ賞ノミネート作品が発表!

ゴールデングローブ賞

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
12月11日(米ロサンゼルス・現地時間)に、第72回ゴールデン・グローブ賞ノミネート作品が発表された。
第72回ゴールデングローブ賞ノミネート作品が発表!

第72回ゴールデン・グローブ賞では、来年4月公開の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が、作品賞(コメディ/ミュージカル部門)・監督賞(アレハンドロ・G・イニャリトゥ)・主演男優賞(マイケル・キートン)・助演男優賞(エドワード・ノートン)・助演女優賞(エマ・ストーン)・作曲賞・脚本賞の7部門で最多ノミネート。

同作は、かつてスーパーヒーローの役で人気を博した俳優がブロードウェイの舞台に上がろうと苦悩する様を描くブラックコメディ。『バットマン』シリーズのマイケル・キートン、『インクレディブル・ハルク』のエドワード・ノートン、『アメイジング・スパイダーマン』のエマ・ストーンという新旧アメコミキャストの顔ぶれに、演技派のナオミ・ワッツが華を添えている。

次いで、現在公開中の『6才のボクが、大人になるまで。』が、作品賞・監督賞・脚本賞・助演女優賞・助演男優賞。 ベネディクト・カンバーバッチ主演 『イミテーション・ゲーム』(2015年3月公開)も作品賞・主演男優賞・助演女優賞・脚本賞・作曲賞の5部門でノミネート。

ほかに、“車椅子の天才物理学者”スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた『博士と彼女のセオリー』、本日より劇場公開されるデヴィッド・フィンチャー監督作『ゴーン・ガール』、キング牧師の伝記映画『Selma(原題)』がそれぞれ4部門でノミネートされている。

尚、 第72回ゴールデン・グローブ賞授賞式は、1月11日現地時間にロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルにて開催される。

各部門のノミネートは以下の通り

■作品賞(ドラマ部門)ノミネート
6才のボクが、大人になるまで。
フォックスキャッチャー
イミテーション・ゲーム
『Selma(原題)』
博士と彼女のセオリー

■主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート
・ジュリアン・ムーア『Still Alice(原題)』
・リース・ウィザスプーン『Wild(原題)』
・ロザムンド・パイク『ゴーン・ガール
・フェリシティ・ジョーンズ『博士と彼女のセオリー
・ジェニファー・アニストン『Cake(原題)』

■主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
・エディ・レッドメイン『博士と彼女のセオリー
・ベネディクト・カンバーバッチ『イミテーション・ゲーム
・スティーブ・カレル『フォックスキャッチャー
・デヴィッド・オイェロウォ『Selma(原題)』
・ジェイク・ギレンホール『Nightcrawler(原題)』

■作品賞(コメディ・ミュージカル部門)ノミネート
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
イントゥ・ザ・ウッズ
グランド・ブダペスト・ホテル
『St. Vincent(原題)』
『Pride(原題)』

■主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)ノミネート
・エイミー・アダムス『ビッグ・アイズ
・ジュリアン・ムーア『Maps To The Stars(原題)』
・エミリー・ブラント『イントゥ・ザ・ウッズ
・ヘレン・ミレン『マダム・マロリーと魔法のスパイス
・クワベンジャネ・ウォレス『ANNIE/アニー

■主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門)ノミネート
・マイケル・キートン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
・ビル・マーレイ『St. Vincent(原題)』
・レイフ・ファインズ『グランド・ブダペスト・ホテル
・ホアキン・フェニックス『Inherent Vice(原題)』
・クリストフ・ヴァルツ『ビッグ・アイズ

■アニメ部門 ノミネート
LEGO(R) ムービー
ベイマックス
『How To Train Your Dragon 2(原題)』
『The Boxtrolls(原題)』
『The Book of Life(原題)』

■外国語映画賞ノミネート
イーダ』(ポーランド/デンマーク)
『Leviathan(原題)』(ロシア)
『Force Majeure Turist(原題)』(スウェーデン)
『Gett: The Trial of Viviane Amsalem Gett(原題)』(イスラエル)
『Tangerines Mandariinid(原題)』(エストニア)

■助演女優賞ノミネート
・パトリシア・アークエット『6才のボクが、大人になるまで。
・メリル・ストリープ『イントゥ・ザ・ウッズ
・キーラ・ナイトレイ『イミテーション・ゲーム
・エマ・ストーン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
・ジェシカ・チャステイン『A Most Violent Year(原題)』

■助演男優賞ノミネート
・J・K・シモンズ『Whiplash(原題)』
・エドワード・ノートン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
・マーク・ラファロ『フォックスキャッチャー
・イーサン・ホーク『6才のボクが、大人になるまで。
・ロバート・デュバル『ジャッジ 裁かれる判事

■監督賞ノミネート
・リチャード・リンクレイター『6才のボクが、大人になるまで。
・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
・エイバ・デュバーネイ『Selma(原題)』
・ウェス・アンダーソン『グランド・ブダペスト・ホテル
・デヴィッド・フィンチャー『ゴーン・ガール

■脚本賞ノミネート
・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ/ニコラス・ヒアコボーネ/アレクサンダー・ディンラリス、アーマンド・ボー『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
・リチャード・リンクレイター『6才のボクが、大人になるまで。
・ギリアン・フリン『ゴーン・ガール
・ウェス・アンダーソン『グランド・ブダペスト・ホテル
・グラハム・ムーア『イミテーション・ゲーム

■作曲賞ノミネート
・アレクサンドル・デスプラ『イミテーション・ゲーム
・ヨハン・ヨハンソン『博士と彼女のセオリー
・トレント・レズナー/アッティカス・ロス『ゴーン・ガール
・アントニオ・サンチェス『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
・ハンス・ジマー『インターステラー

■主題歌賞ノミネート
“Big Eyes” —『ビッグ・アイズ
“Glory” —『Selma(原題)』
“Mercy Is” — 『ノア 約束の舟
“Opportunity” — 『ANNIE/アニー
“Yellow Flicker Beat” — 『The Hunger Games: Mockingjay – Part 1(原題)』
2014年12月12日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加