ニュース&レポート

第72回ゴールデングローブ賞発表!作品賞は『6才のボク〜』と『グランド・ブダペスト・ホテル』

第72回ゴールデングローブ賞

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1月11日(日本時間12日)、第72回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が行われ、各部門の受賞作品及び受賞者が発表された。最多受賞はドラマ部門の『6才のボクが、大人になるまで。』の3部門、コメディ・ミュージカル部門の作品賞には『グランド・ブダペスト・ホテル』が選ばれた。
第72回ゴールデングローブ賞発表!作品賞は『6才のボクが、大人になるまで。」と『グランド・ブダペスト・ホテル』

本年度の最多3部門受賞(作品賞・監督賞・助演女優賞)となった『6才のボクが、大人になるまで。』は、6才の少年とその家族の変遷の物語を、12年間に渡り同じ主要キャストで撮り続けた画期的なドラマ。メガホンをとったリチャード・リンクレイターは、受賞スピーチでキャストやスタッフへの感謝を述べ、「この映画はとても僕にとって個人的な作品で、様々な繋がりを作っているような感覚でした。結論として、僕たちはみんなどこかしら欠点があって、完璧な人なんていない、ということ。たくさんの愛情を注ぎ、サポートしてくれた僕の両親に感謝しています。両親や、彼らと同じように頑張っている、親である多くの方々にこの賞を捧げたいと思います」とコメント。

4度目のノミネートにして初の助演女優賞受賞となったパトリシア・アークエットも「この作品のために共に頑張ってくれたみなさん、本当にありがとう。この役で、何万といるシングルマザーに光を当てることができて光栄です」と喜んだ。

最多7部門でノミネートされていた、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』では、マイケル・キートンの主演男優賞と、脚本賞の2部門で受賞。

ドラマ部門の主演男優賞に輝いたのは、“車椅子の天才物理学者”とその妻の純愛を描いた『博士と彼女のセオリー』で、主人公のスティーヴン・ホーキング博士を演じたエディ・レッドメイン。受賞スピーチでは「Oh my God!!なんてすごいことが起こっているんだろう!ここにいられる事を心より感謝します」と、スタッフや共演者、そしてホーキング博士へ感謝の言葉を述べ、「素晴らしいチームに感謝したい。そして先日結婚したばかりの僕の妻にも。彼女とは今回のLAにくることをハネムーンにしていたんだけど、忘れられないハネムーン最後の夜になったよ」。同作は作曲賞(ヨハン・ヨハンソン)もあわせ2部門で受賞した。

また、昨年『アメリカン・ハッスル』でも最優秀主演女優賞に輝いたエイミー・アダムスは、『ビッグ・アイズ』で堂々の2年連続最優秀主演女優受賞を達成。スピーチでは「すごく幸運だわ。マーガレットのように静かながら強い意志を持って自分の芸術を貫き通した女性を演じることができた」と、自身のモデルとなったマーガレット・キーンへ尊敬の言葉を口にし、ティム・バートン監督や共演のクリストフ・ヴァルツへの謝辞を述べた。

助演男優賞では、サンダンス映画祭グランプリ&観客賞受賞した『セッション』から、鬼教師フレッチャーを演じたJ・K・シモンズが受賞。「たくさんの人に感謝します。 デイミアン・チャゼル監督、一緒に仕事ができて嬉しかったです。マイルズ・テラーは若くて成熟した大人でした。毎日毎日インスピレーションを与えてくれ、頭を殴ろうかと思いました(笑)」とジョークを交えながら喜びを語った。

各部門の受賞作品及び受賞者は以下の通り。(ノミネート作品一覧はこちら

■作品賞(ドラマ部門)
6才のボクが、大人になるまで。

■主演女優賞(ドラマ部門)
・ジュリアン・ムーア『アリスのままで

■主演男優賞(ドラマ部門)
・エディ・レッドメイン『博士と彼女のセオリー

■作品賞(コメディ・ミュージカル部門)
グランド・ブダペスト・ホテル

■主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)
・エイミー・アダムス『ビッグ・アイズ

■主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門)
・マイケル・キートン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

■アニメ部門
『How To Train Your Dragon 2(原題)』

■外国語映画賞
『Leviathan(原題)』(ロシア)

■助演女優賞
・パトリシア・アークエット『6才のボクが、大人になるまで。

■助演男優賞
・J・K・シモンズ『セッション

■監督賞
・リチャード・リンクレイター『6才のボクが、大人になるまで。

■脚本賞
・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ/ニコラス・ヒアコボーネ/アレクサンダー・ディンラリス、アーマンド・ボー『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

■作曲賞
・ヨハン・ヨハンソン『博士と彼女のセオリー

■主題歌賞
“Glory” —『Selma(原題)』
2015年1月13日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加