ニュース&レポート

第73回ゴールデングローブ賞発表!レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント』が3部門受賞

ゴールデングローブ賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1月10日(日本時間11日)、第73回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が行われ、各部門の受賞作品及び受賞者が発表された。作品賞にはドラマ部門で『レヴェナント:蘇えりし者』、コメディ・ミュージカル部門で『オデッセイ』が選ばれた。
第73回ゴールデングローブ賞発表!レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント』が3部門受賞

本年度の最多受賞は、ドラマ部門で作品賞・監督賞(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ)・主演男優賞(レオナルド・ディカプリオ)の3冠を獲得した『レヴェナント:蘇えりし者』。イニャリトゥ監督作品としては作品賞3度目のノミネートで、『バベル』に続き2度目の受賞。また、監督賞は3度目のノミネートにして初受賞となった。レオナルド・ディカプリオは、主演&助演併せて11度目のノミネートで『アビエイター』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』に続き3度目の受賞。同作品で作曲賞にノミネートされていた坂本龍一は受賞ならず、作曲賞は『ヘイトフル・エイト』のエンリオ・モリコーネが受賞した。

コメディ・ミュージカル部門作品賞『オデッセイ』は、マット・デイモンの主演男優賞とあわせて2部門受賞。アップル創業者スティーブ・ジョブズの生き様をダニー・ボイル監督、マイケル・ファスベンダー主演で描いた映画『スティーブ・ジョブズ』も、助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)、脚本賞(アーロン・ソーキン)の2部門を受賞した。

助演男優賞では、『クリード チャンプを継ぐ男』でシルベスター・スタローンが受賞。スタローンは名前が呼ばれると感極まった様子で檀上に上がり、「ありがとうございます。フィクションの世界の話ではありますが、僕の生涯で最高の友人でもあるロッキー・バルボアに、感謝を伝えたい」とスピーチし、スタンディングオベーションが巻き起こった。

各部門の受賞作品及び受賞者は以下の通り。(ノミネート作品一覧はこちら

■作品賞(ドラマ部門)
レヴェナント:蘇えりし者

■主演女優賞(ドラマ部門)
・ブリー・ラーソン『ルーム

■主演男優賞(ドラマ部門)
・レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント:蘇えりし者

■作品賞(コメディ・ミュージカル部門)
オデッセイ

■主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)
・ジェニファー・ローレンス『JOY(原題)』

■主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門)
・マット・デイモン『オデッセイ

■アニメ部門
インサイド・ヘッド

■外国語映画賞
サウルの息子』(ハンガリー)

■助演女優賞
・ケイト・ウィンスレット『スティーブ・ジョブズ

■助演男優賞
・シルベスター・スタローン『クリード チャンプを継ぐ男

■監督賞
・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ『レヴェナント:蘇えりし者

■脚本賞
・アーロン・ソーキン『スティーブ・ジョブズ

■作曲賞
・エンリオ・モリコーネ『ヘイトフル・エイト

■主題歌賞
“WRITING'S ON THE WALL” — 『007 スペクター

2016年1月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加