ニュース&レポート

映画『ぼくらの7日間戦争』本予告編解禁 Sano ibukiが主題歌3曲書き下ろし

ぼくらの7日間戦争

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
シリーズ累計発行部数2,000万部を突破したベストセラー小説「ぼくらの七日間戦争」シリーズを原作としたアニメ映画『ぼくらの7日間戦争』(12/13公開)の本予告編とポスタービジュアルが解禁。本作の主題歌をSano ibukiが担当することが発表された。
日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した経歴を持つ北村匠海と芳根京子の日本を代表する若手実力派俳優二人が夢の初共演でW主演。さらに1988年に公開された実写版『ぼくらの七日間戦争』で女優デビュー&初主演を飾った宮沢りえが、“2020年の中山ひとみ”役として登場することも明らかとなっており、すでに大きな注目を集めている本作。

物語は、宮沢が演じた中山ひとみが廃工場に立てこもり大人たちをやっつけた少年少女たちの“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年の北海道が舞台となり、原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーがアニメーション映像によって展開される。

解禁された本予告では、高校生の守が「逃げましょう……大人に見つからない場所に!」と、親の都合で強引に引っ越しが決まった綾に逃避行を提案したことから始まる7日間のバースデー・キャンプが、大人たちを巻き込む“戦争”に発展していく様子が描かれる。古い廃工場に集まった6人の子どもたちが協力し、工場にあるものを武器に大人たちに大胆に立ち向かう姿は31年前の実写映画『ぼくらの七日間戦争』を彷彿とさせ、現代版にアップデートされた本作で子どもたちがどんな戦いを繰り広げてくれるのか期待が高まる映像だ。

さらに、かつての”七日間戦争”を知り、「大事なのは結果じゃなくてチャレンジすることよ」と子どもたちへエールを送る、宮沢りえ演じる中山ひとみの姿と声も初お披露目。大人になったひとみが、新しい「7日間戦争」に向き合う少年少女たちとどんな交流を持つのか?!彼女と少年少女たちの繋がりとは?!


本ビジュアルには、舞台となる廃工場で武器を手に前を向く子どもたちと、「自分らしく生きると決めた。」という力強い決意を感じるキャッチコピーが描かれており、まさに大人たちへの戦いの始まりを予感させるビジュアルに仕上がっている。そして、子どもたちの奥には宮沢りえ演じる中山ひとみの姿も…!

また、本作の主題歌を「時代を魅了する声」と称され、一聴した者を虜にするその歌声と作家性の高い楽曲が口コミで話題となった新進気鋭のシンガーソングライターSano ibukiが担当することに決定!監督とアニメ表現を何度も話しあい、映画を彩る「決戦前夜」(本予告使用楽曲)、「おまじない」、「スピリット」の3曲の主題歌を書き下ろした。大人たちに戦いを挑む子どもたちを奮い起こすような、疾走感あふれるアップテンポな曲調と爽やかな歌声が本作を盛り上げる。
2019年10月3日
『ぼくらの7日間戦争』
2019年12月13日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://7dayswar.jp/