ニュース&レポート

第85回アカデミー賞発表!『アルゴ』が作品賞ほか3冠、『ライフ・オブ・パイ』が監督賞ほか4冠に

アカデミー賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2月25日(現地時間24日)、第85回アカデミー賞の授賞式が行われ、各部門の受賞作品及び受賞者が発表。最有力の『リンカーン』を抑え、作品賞の栄冠はベン・アフレック監督の『アルゴ』に、監督賞は『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のアン・リーが受賞した。
第85回アカデミー賞発表!『アルゴ』が作品賞ほか3冠、『ライフ・オブ・パイ』が監督賞ほか4冠に

作品賞ほか脚色賞、編集賞に輝いた『アルゴ』は、1979年にイランで実際に起きた、アメリカ大使館占拠事件を映画化したサスペンス・ドラマ。同作はゴールデングローブ賞や英国アカデミー賞でも作品賞・監督賞を受賞しており、アカデミー賞では監督賞こそノミネートを逃したが、監督賞にノミネートされていない作品が作品賞を受賞するのは、第62回アカデミー賞で『ドライビング Miss デイジー』が受賞して以来の快挙。

授賞式でオスカーを手にしたアフレックは、「本当にありがとう。15年前、この舞台に来た自分はまだ子供で、またこの場に戻ってこれたのは、アカデミーのおかげだ。映画に携わった全ての人、イランの友人、これまで支えてくれた最高のパートナーである妻に感謝したい。人生は転んでも立ち上がれる。これ以上できない、と思った時から頑張ることが大切。僕を助けても何の得にもならない時に助けてくれた人たちのお陰で成長出来た」と、と喜びのコメントを発表した。

監督賞は『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のアン・リーが獲得し、『ブロークバック・マウンテン』に続き2度目の受賞。『ライフ・オブ・パイ〜』は11部門でノミネートされ、監督賞のほか撮影賞・作曲賞・視覚効果賞の4部門で最多の受賞。

主演男優賞では、『リンカーン』のダニエル・デイ=ルイスが獲得し、『マイ・レフトフット』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』に続く3度目の同賞受賞で史上初の快挙。主演女優賞は、22日より日本公開されたコメディードラマ『世界にひとつのプレイブック』の若手女優ジェニファー・ローレンスに栄冠。

また、脚本賞を受賞したクエンティン・タランティーノ監督の西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』では、タランティーノ監督の前作『イングロリアス・バスターズ』に続き、クリストフ・ヴァルツが2度目の助演男優賞受賞。助演女優賞は名作ミュージカルの映画化作品『レ・ミゼラブル』でファンテーヌを演じたアン・ハサウェイが初受賞した。

主な部門の受賞作品及び受賞者は以下の通り。(ノミネート作品一覧はこちら

■作品賞
アルゴ

■監督賞
・アン・リー『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

■主演男優賞
・ダニエル・デイ=ルイス『リンカーン

■主演女優賞
・ジェニファー・ローレンス『世界にひとつのプレイブック

■助演男優賞
・クリストフ・ヴァルツ『ジャンゴ 繋がれざる者

■助演女優賞
・アン・ハサウェイ『レ・ミゼラブル

■オリジナル脚本賞
ジャンゴ 繋がれざる者

■脚色賞
アルゴ

■撮影賞
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

■衣装デザイン賞
アンナ・カレーニナ

■編集賞
アルゴ

■メイクアップ賞
レ・ミゼラブル

■作曲賞
・マイケル・ダナ『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

■主題歌賞
・“SKYFALL”『007 スカイフォール

■美術賞
リンカーン

■音響編集賞
007 スカイフォール
ゼロ・ダーク・サーティ

■音響賞
レ・ミゼラブル

■視覚効果賞
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

■長編アニメーション部門
メリダとおそろしの森

■長編ドキュメンタリー部門
シュガーマン 奇跡に愛された男

■外国語映画賞
・『愛、アムール』(オーストリア)
2013年2月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加