ニュース&レポート

第90回アカデミー賞発表!『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多受賞!日本人初のメイクアップ賞受賞も

シェイプ・オブ・ウォーター

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
3月5日(現地時間4日)、第90回アカデミー賞の授賞式が行われ、ギレルモ・デル・トロ監督最新作『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多4部門を受賞。『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で辻一弘氏が日本人で初めてメイクアップ&ヘアスタイリング賞に輝いた。
第90回アカデミー賞発表!『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多受賞!日本人初のメイクアップ賞受賞も

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』は、『パンズ・ラビリンス』、『パシフィック・リム』などの世界的ヒット作で知られる、メキシコの巨匠ギレルモ・デル・トロ監督によるファンタジー。ひとりの孤独な女性と水の中で生きる不思議な生物との言葉を超えた“愛”を描き、世界中の映画賞を席巻し、アカデミー賞では最高賞となる作品賞をはじめ、監督賞、作曲賞、美術賞の最多4部門に輝いた。

作品賞の受賞スピーチでデル・トロ監督は、「若い人達にこの賞を捧げたい。今のあらゆる状況を変えようとしているのは若い人達です。メキシコでの幼少期、こういったことが起こるとは想像もしていませんでした。しかし、それが実現しました。夢を見ている人達、ファンタジーを使って現実について語りたいと思っている人達に伝えたいです。夢は実現するんです。切り開いて中に入ってきてください」とメッセージを贈った。

また、ゲイリー・オールドマン主演映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』が、主演男優賞とメイクアップ&ヘアスタイリング賞(辻一弘他2名)の2部門を受賞。受賞後のバックステージでゲイリーは「辻一弘は、私がこの役(ウィンストン・チャーチル)を演じるにあたって絶対条件だった」と、本作の受賞に欠かせない存在であることを語り、辻も受賞コメントにて一番にゲイリーに感謝の意を述べて「あなたと、この素晴らしい旅をできたことは本当に栄誉なこと」と語った。

主な部門の受賞作品及び受賞者とコメントは以下の通り。(ノミネート作品一覧はこちら

■作品賞
シェイプ・オブ・ウォーター

ギレルモ・デル・トロ監督 コメント

ありがとうございます。メキシコで子供時代を過ごしてきましたが、E.Tとかウィリアムマナーとかいろんな人を憧れにしていました。一週間前にスピルバーグ監督に「もし受賞したらレガシーの一部なんだ。このフィルムメーカー世界の一員なんだ、誇りに思え」と言われました。本当に誇りに思います。これを捧げたいのは若い人達です。今のあらゆる状況を変えようとしているのは若い人達です。私が子供だった頃メキシコで育っていて、こういったことが起こるとは想像もしていませんでした。しかし、それが実現しました。夢を見ている人達、ファンタジーを使って現実について語りたいと思っている人達に伝えたいです。夢は実現するんです。切り開いて中に入ってきてください。


■主演男優賞
・ゲイリー・オールドマン『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

ゲイリー・オールドマン コメント

この輝かしい賞を与えてくださったアカデミーに感謝します。これは本当に多くのことのおかげです。私はアメリカに長く住み、この国で培った愛と友情に感謝しています。家、暮らし、家族、そしてオスカーという素晴らしい贈り物をもらいました。
映画は、南ロンドンに住む若い男の心を掴み、夢を与えてくれました。ダグラス・アーバンスキー、私の親愛なる友人で兄弟である君は私に夢を追い続けさせてくれました。ジョー・ライト(監督)、ありがとう。一緒に働くのに20年もかかりましたね、でも待っているだけの価値がありました。カズ(辻一弘)、ルーシー、デイビッド、素晴らしい技術をありがとう。(略)
ウィンストン・チャーチル氏に敬意を表したいと思います。素晴らしい旅の供となってくれました。そして私の妻ジゼル。この旅の道中を支え隣にいてくれてありがとう。そして息子たちにも。素敵なノミニーの皆さん、そこにいる私の友人デンゼル。オスカーよりも年上の母にも感謝させてください。彼女は次の誕生日で99才です。ソファでくつろぎながらこの授賞式を見ていると思います。お母さん、私をずっと愛し支えてくれてありがとう。お茶の準備をしておいてね。オスカーを持って帰るよ。


■主演女優賞
・フランシス・マクドーマンド『スリー・ビルボード

フランシス・マクドーマンド コメント

緊張してしまいます。倒れるかもしれません。言いたいことはちゃんとあるので聞いてくださいね。グレー・キングはオリンピックでこのような感覚を味わったんですよね。あんな感覚だと思います。マーティン・マクドナーに感謝します。あなたのおかげです。私たちも頑張っているんですよ。またこの建物の中の全員に感謝します。特に感謝したいのは私の仲間たち。彼らは自分達の価値観をしっかりしています。そして周りの人達を大切にしています。私のことを誇らしく思っているはずよね?それが私にとっての喜びです。ここでしっかりとお伝えします。女性の候補たち一緒に立ち上がってくれますでしょうか。私たちにはそれぞれの物語があります。様々な話があるんです。最後にこれだけは言います。全ての人達に含めるべきであろう。


■助演男優賞
・サム・ロックウェル『スリー・ビルボード

サム・ロックウェル コメント

ありがとう。アカデミー賞に感謝です。この言葉が言えるなんて。(助演男優賞ノミネートの俳優の皆さんに)本当に君たちはすごい。刺激を受けました。父と母が映画好きだったので、映画への愛はそこから貰いました。父さん、母さんありがとう。ウディ・ハレルソン、君たちは僕の英雄です。素晴らしい共演者の皆さん、スタッフの皆さん、FOXサーチライト、『スリー・ビルボード』に関わった全ての人々、看板を見たすべての人に感謝です。マーティン・マクドナー、あなたがいなかったらここに立っていることはできない


■助演女優賞
・アリソン・ジャネイ『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

アリソン・ジャネイ コメント

脚本を書いたスティーブンをはじめ、この受賞で友人の定義ができました。マーゴット(・ロビー)、キャスト、クルー、たくさんの励ましをありがとう。これを持ってさらに女優としてキャリアを追求できます。家族、友人、スタッフ、すべての人に感謝します。


■長編アニメーション部門
リメンバー・ミー

■撮影賞
ブレードランナー 2049

■衣装デザイン賞
ファントム・スレッド

マーク・ブリッジス

まず最初にこの素晴らしい脚本を書いてくれたポール(・トーマス・アンダーソン監督)に感謝します。衣装を担当させてくれて、ポールありがとう。そして素晴らし役者たちダニエル(・デイ=ルイス)、レスリー(・マンヴィル)、ヴィッキー(・クリープス)、そしてこのようなコラボをしてくれた役者陣全てに感謝します。とても素晴らしい私のロンドンのスタッフたち。美しいドレスを作るために休まず働いてくれました。そしてもちろんアカデミーに感謝しています。


■監督賞
・ギレルモ・デル・トロ『シェイプ・オブ・ウォーター

ギレルモ・デル・トロ 監督

ありがとうございます。私は移民です。多くのみなさんのように。過去25年間自分の国に住んでいました。自分の一部はここにある、一部はヨーロッパにある、一部は他の国にあるわけです。この業界は、そういった国境を越えて仕事をするべきだと思うんです。私が1番好きなこと、2013年にFOXサーチライトがこのストーリーを気に入ってくれて、そしてこの半魚人、ミュージカル、スリラーが入っている作品をやろうと言ってくれたんです。ついてきてくれた皆に感謝します。


■長編ドキュメンタリー部門
イカロス

ブライアン・フォーゲル監督 コメント

私たちは『イカロス』が、ロシアが目を覚ますきっかけとなってくれることを願っています。そして、この作品を通して、なによりも真実を伝えることの重要性を痛感しました


■編集賞
ダンケルク

■外国語映画賞
ナチュラルウーマン』(チリ)

セバスティアン・レリオ監督 コメント

本当にありがとうございます。素晴らしい贈り物です。アカデミーの皆さんありがとうございます。友人たちにも感謝したいと思います。プロデューサーのパブロ・ララインにも。キャストにも感謝します。特に素晴らしい俳優フランシスコ・レジェスとインスピレーションを与えてくれたダニエラ・ヴェガに。この映画は多くの友人たちの力でできたものです。彼らと賞を分かち合いたいと思います。そして永遠に愛している妻とも。


■メイク・ヘアスタイリング賞
ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

辻一弘 コメント

まずはゲイリー・オールドマンに心から感謝致します。あなたと、この素晴らしい旅をできたことは本当に栄誉なことでした。あなたなしには、私たちはここに立っていません。あなたは素晴らしい俳優で、熱心なアーティストで、そして真の友人です。
ジゼル・シュミット、ダグラス・アーバンスキー、フォーカス・フィーチャーのスタッフのみなさん、エリック・フェルナー、リサ・ブルース、ティム・ビーバン、アンソニー・マクカーテン、そして監督のジョー・ライト。キャストとクルーのみなさん。私たちを支えてくれた、家族、友人、そして、私の猫たち(笑)。最後に、アカデミーに感謝します。私たち皆にとって、夢が叶いました。ありがとうございました。


■作曲賞
・アレクサンドル・デスプラ『シェイプ・オブ・ウォーター

■主題歌賞
・REMEMBER ME ── 『リメンバー・ミー

■美術賞
シェイプ・オブ・ウォーター

■音響編集賞
ダンケルク

■音響賞
ダンケルク

■視覚効果賞
ブレードランナー 2049

■脚色賞
君の名前で僕を呼んで

ジェームズ・アイヴォリー コメント

脚本家として脚色する際には原作者に感謝しなければなりません。原作のアンドレ・アシマンが描いた、“初めての恋“というのは、セクシャリティに関係なく誰もが経験することです。監督をはじめ、役者の方々、それからニューヨークの家族たち、すべての人に感謝したいと思います。ここに立てるのも彼らの助けがあったからです。私の50年近く一緒にやってきたイスマル・マーチャントという今は亡きパートナーが2度アカデミー賞を受賞しています。その人のおかげでもあります。本当に感謝しています。


■オリジナル脚本賞
ゲット・アウト
2018年3月6日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加