ニュース&レポート

第92回アカデミー賞発表!最多はポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』 外国語映画で作品賞受賞は史上初の快挙

アカデミー賞

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
2月10日(現地時間9日)、ロサンゼルスのドルビー・シアターにて第92回アカデミー賞の授賞式が行われた。本年度の最多受賞はポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』の4部門。外国語映画(韓国映画)が作品賞を受賞するのは、アカデミー賞始まって以来という歴史的快挙を果たした。

第92回アカデミー賞で、作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4部門を受賞した『パラサイト 半地下の家族』は、全員失業中の貧しい一家とIT企業を経営する裕福な社長一家という相反する2つの家族の出会いから想像を遥かに超える展開へと加速していく物語。

今回、外国語映画として初めてアカデミー賞作品賞を受賞するという偉業を成し遂げた『パラサイト 半地下の家族』。ポン・ジュノ監督は監督賞も受賞し、これまでアジア人監督としてはアン・リー(『ブロークバック・マウンテン』、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』)ただ一人であったが、それに続いて史上2人目の快挙となった。授賞式でポン・ジュノ監督は、「最高です。信じられません。(このような賞を受賞できて)非常に光栄です。朝、目を覚ましたら全部夢だったんじゃないかって思えるぐらい現実味がないです。本当にすばらしいです。すでに人々は字幕という障壁を超えてきている。今後は、外国語映画が作品賞を受賞することが大したことじゃないようになったらいいと思う。ありがとうございます」と感謝の意を述べた。

また『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』で助演男優賞にノミネートされていたブラッド・ピットは、今回初のオスカーを獲得。授賞式ではクエンティン・タランティーノ監督の手腕を称え、“相棒”レオナルド・ディカプリオに対しては「君の後ろを歩いくことができて本当に幸せでした」と語り、今回の受賞を「子どもたちに贈ります」と喜びを口にした。

また日本出身のカズ・ヒロ(旧名:辻一弘)が『スキャンダル』でメイク・ヘアスタイリング賞を獲得し、2度目のオスカー像を手にした。

主な部門の受賞作品は以下の通り。
ノミネート作品一覧はこちら

■作品賞
パラサイト 半地下の家族

■監督賞
ポン・ジュノパラサイト 半地下の家族

■主演男優賞
・ホアキン・フェニックス『ジョーカー

■主演女優賞
・レニー・ゼルウィガー『ジュディ 虹の彼方に』

■助演男優賞
・ブラッド・ピット『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

■助演女優賞
・ローラ・ダーン『マリッジ・ストーリー』(→Netflix

■国際長編映画賞
パラサイト 半地下の家族』(韓国)

■脚本賞
・ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン『パラサイト 半地下の家族

■脚色賞
ジョジョ・ラビット

■撮影賞
1917 命をかけた伝令

■編集賞
フォードvsフェラーリ

■美術賞
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

■衣装デザイン賞
『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』

■メイク・ヘアスタイリング賞
スキャンダル

■作曲賞
ジョーカー

■歌曲賞
“(I'M GONNA) LOVE ME AGAIN” ── 『ロケットマン

■録音賞
1917 命をかけた伝令

■音響編集賞
フォードvsフェラーリ

■視覚効果賞
1917 命をかけた伝令

■長編アニメーション部門
トイ・ストーリー4

■長編ドキュメンタリー部門
『AMERICAN FACTORY(原題)』
2020年2月10日