ニュース&レポート

2分で家を失った青年の決断と転落 A・ガーフィールド主演『ドリーム ホーム』予告編が解禁

ドリーム ホーム 99%を操る男たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1月30日(土)公開、アンドリュー・ガーフィールドが主演する社会派サスペンス『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』の予告編が解禁された。
2分で家を失った青年の決断と転落 A・ガーフィールド主演『ドリーム ホーム』予告編が解禁
本作は、リーマン・ショック後のアメリカを舞台にした社会派サスペンス。銀行の差し押さえにより家を失った主人公が、家族を守るために道を踏み外していく姿を描く。主演は、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのアンドリュー・ガーフィールド。冷酷な不動産ブローカー役にマイケル・シャノン。主人公の母親役をローラ・ダーンが演じる。

映像では、無職のシングルファーザーであるデニス(ガーフィールド)と母親のリン(ローラ・ダーン)は、突然不動産仲介業者のリック(マイケル・シャノン)から家が銀行によって差し押さえられたことを告げられ、たった2分の猶予で強制退去させられる。デニスは、家族を守り家族の想い出が詰まった家を何としても取り戻したいという一心で、殺したいとさえ思ったリックのもとで働くことを決意。良心の呵責にさいなまれながらも、かつて自分が受けた仕打ちをする立場になっていく。しかし、それをリンに話すことができず、ついに親子が対立の時を迎えることになる様子を緊迫度いっぱいに捉えている。絶望のどん底から虚構に満ちた成功を手にしたかと思えば、再び訪れる絶望という、ジェットコースターのようなデニスの苦悩を通じて、人生と“家”についての意味を問いかけるエモーショナルなドラマの一端を垣間見ることができる。

ガーフィールドは、脚本をわずか30ページ読んだだけで心を揺さぶられ、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ後最初の主演作として本作への出演を決意。「『ドリーム ホーム』は、罠から抜け出せずに、がんじがらめにされ続けている人々に真のコミュニティを作ることを阻止する何物かについての映画だ。一旦、人として敬うべき価値観よりもドル記号に重きを置き始めると、トラブルが起き、全員が敵に思えてきて、コミュニティのある社会よりも競争社会にハマってしまう。そういうことが描かれていて、僕に大きな衝撃を感じさせてくれたんだ」とその印象について語っている。

また、冷徹でありながらカリスマ性を持つリックとデニスの、敵対から共謀関係に変わっていくスリリングさも見どころのひとつだ。堕落した社会システムに飲みこまれた男たちが行き着く、衝撃の結末とはー?

2015年11月20日
『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』
2016年1月30日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次公開
公式サイト:http://dreamhome99-movie.com/