ニュース&レポート

『9〈ナイン〉9番目の奇妙な人形』ティム・バートンが唸った11分の短編が同時上映

9〈ナイン〉9番目の奇妙な人形

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
5月8日(土)より公開される、『9〈ナイン〉9番目の奇妙な人形』のオリジナル作品である11分の短編『9』が、5月9日(日)の1日限定で、新宿ピカデリーにて上映されることになった。
画像:『9〈ナイン〉9番目の奇妙な人形』ティム・バートンが唸った11分の短編が同時上映

2005年アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた、シェーン・アッカー監督による11分の短編『9』。ティム・バートンが、「僕が観た中でもっとも驚異的な11分間だった。シェーンのコンセプトには、映像だけでなく、感情に響く、驚くべきディテールと、記憶に焼きつくほど美しい世界観があった」と唸り、自らプロデューサーとして長編化を手掛けたことでも話題の『9〈ナイン〉9番目の奇妙な人形』が、5月8日(土)よりロードショー公開される。

本作は、人類滅亡後の未来を舞台に、古びた研究室の片隅で目を覚ました麻布の人形が、仲間を救うために機械獣に立ち向かう姿を描き、ティム・バートンの世界にも通じるダークでファンタジックなディティールと、見事なアクションをあわせ持つ新感覚ファンタジー。

このほど、5月9日(日)の1日限定で、オリジナルである11分の短編作品『9』の上映が決定。同日は、新宿ピカデリーの全ての上映回で『9〈ナイン〉9番目の奇妙な人形』本編上映前に、11分の短編が上映される。鬼才ティム・バートンが唸ったオリジナリティ溢れる新感覚ファンタジーの長編&短編両方の世界を同時体験できるのは、この1日だけ。

また、短編『9』は、5月1日(土)より横浜・みなとみらい「ブリリア ショートショート シアター」の「ShortShorts 11」プログラムにて限定上映される。

↓特集『9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』↓
特集『9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』
2010年4月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』
2010年5月8日(土)より新宿ピカデリー他全国ロードショー
公式サイト:http://9.gaga.ne.jp/