ニュース&レポート

“ジャック・ライアン”誕生秘話を描く映画『エージェント:ライアン』特報映像が到着!

エージェント:ライアン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
今年10月に急逝したベストセラー作家トム・クランシーによる“ジャック・ライアン”シリーズの最新作であり、リブート作品として現代を舞台に、新たに描かれるジャック・ライアン捜査官の誕生から活躍を描く映画『エージェント:ライアン』の特報映像が解禁された。
“ジャック・ライアン””誕生秘話を描く映画『エージェント:ライアン』特報映像が到着!

今回解禁となった最新の特報映像では、全世界を標的とした大規模テロ計画がロシアで発覚、CIAはこの真相を暴くため、ウォール街で経済アナリストとして活躍していた頭脳明晰なジャック・ライアンをスカウト。新米エージェントにも関わらず現場の最前線へ送り込まれるが、赴任先のモスクワで突如命を狙わるところから事件は始まる。

本作の主人公ジャック・ライアンは、「007」シリーズのジェームズ・ボンドや「ボーン」シリーズのジェイソン・ボーンなど、鍛え抜かれた特別な身体能力を持ち戦闘能力に長けたスパイとは異なり、スパイ経験ゼロのルーキー捜査官。映画作品では4代目となるジャック・ライアンを演じるのは、今年『スター・トレック イントゥ・ダークネス』で主演をつとめたクリス・パイン。また、世界経済を牛耳るロシアの富豪で実業家ヴィクター・チェレビンにケネス・ブラナー。交渉現場に突然現れる謎めいた美しいフィアンセ、キャサリン・ミューラーにキーラ・ナイトレイ。ジャックの上司でCIA上官ながら、彼を狙撃しようと不可解な行動をとるロバート・フーパーにケヴィン・コスナーなどアカデミー賞実力派俳優が勢ぞろいする。

モスクワ、ロンドン、NYなど大都市での壮大なロケーションを舞台に手に汗握るアクションが展開、誰を信用すべきなのか?誰が本当の敵で、何が真実なのか?そして、<スパイ経験ゼロ>の彼がなぜCIAエージェントとして抜擢されたのか?巨大な陰謀が迫り来る極限状況の中で、天才的な情報分析力を武器にジャック・ライアンの孤高のミッションが始まる。

2013年11月15日
『エージェント:ライアン』
2013年2月14日(金)先行、15日(土)全国公開
公式サイト:http://www.AgentRyan.jp