ニュース&レポート

テレンス・マリック監督 初の実話映画化『名もなき生涯』予告編&ティザービジュアルが解禁

名もなき生涯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『シン・レッド・ライン』『ツリー・オブ・ライフ』の巨匠テレンス・マリック監督最新作、『A Hidden Life』の邦題が『名もなき生涯』に決定し、日本公開日が2020年2月21日に決定。あわせて予告編とティザービジュアルが解禁された。
テレンス・マリック監督 初の実話映画化『名もなき生涯』予告編&ティザービジュアルが解禁
これまでにカンヌ国際映画祭でパルム・ドールや監督賞、ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞するなど、五感を揺さぶる唯一無二の映像体験によって観る者を別次元へと誘い、今や生ける伝説と呼ばれる映画監督テレンス・マリックが、46年のキャリアの中で初めて実在の人物を描いた本作。

主人公は、第二次世界大戦時のオーストリアで、ヒトラーへの忠誠を拒絶し、ナチスに加担するより自らの信念に殉じた農夫フランツとその妻。戦火が激化し戦争に駆り出されたフランツは、ヒトラーへの忠誠を頑なに拒む。直ちに収監され裁判を待つフランツを、フランチスカは手紙で励ますが、彼女自身も村でひどい仕打ちを受け始める──。

農夫フランツを演じるのは、『イングロリアス・バスターズ』のアウグスト・ディール。美しい村でフランツや娘たちと暮らす妻フランチスカには『エゴン・シーレ 死と乙女』のヴァレリー・パフナー。そして本作が遺作となった、ドイツ映画界最高峰の名優ブルーノ・ガンツが、判事役でスクリーンに登場する。

予告編やティザービジュアルには、美しい光と風景のなか、不条理な現実を前にしても、妻や娘への愛と自身の信念を貫き通そうとしたフランツの姿が映し出されている。

2019年11月1日