ニュース&レポート

菅田将暉、福田雄一監督作で指名ゼロのホスト役に!『明烏 あけがらす』が5月公開

明烏 あけがらす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「勇者ヨシヒコ」シリーズや『HK/変態仮面』の福田雄一監督の最新作『明烏 あけがらす』の公開が5月16日(土)に決定。“ホストクラブ”を舞台にした本作で、主演・菅田将暉、共演に城田優、若葉竜也、柿澤勇人、松下優也、新井浩文など若手注目株が揃った。
菅田将暉、福田雄一監督作で指名ゼロのホスト役に!『明烏 あけがらす』が5月公開

映画『明烏 あけがらす』は、品川ひっそり営業しているホストクラブ「明烏あけがらす」を舞台に、12時間後に迫った借金の返済期限を前にどんどん追い込まれていくホストと、同僚、女性客らを描いたシチュエーションコメディ。「明烏」「品川心中」などの古典落語の演目をベースにしている。

明烏 あけがらす
借金返済に追い込まれる指名ゼロのホスト・ナオキには、若手注目 No.1俳優の菅田将暉。チャラくてバカだが、人気抜群のホスト“アオイ”に城田優。どこまでも真面目で、本名でホストをやる“ノリオ”に若葉竜也。金がなくホストクラブに居残る“明子”に吉岡里帆。「明烏 あけがらす」の切り札 “レイ”に柿澤勇人。歌舞伎町No.1ホスト“ヒロ”に松下優也。ナオキを追い込む天然バカの借金取り“山崎”に新井浩文など若手の実力派が贅沢に顔を揃える。

さらには、ナオキの親父“五郎”役で佐藤二朗、「明烏 あけがらす」の店長“アキラ”役でムロツヨシといった、福田監督が全幅の信頼を寄せる2人が参加。ホストクラブという1シュチエーションで描かれる本作の撮影では、次々に繰り出されるアドリブや自由度の高い演技の応酬に、撮影スタッフも堪え切れずに笑ってしまうほどだったという。

『明烏 あけがらす』は、5月16日(土)より全国公開。主題歌には、注目のロックバンド、Alexandrosの「ワタリドリ」 が起用されている。



福田雄一監督 コメント

僕の作品に出演したいと言ってくれてたキャストが集まってくれたのが嬉しかった。今回は、長回しのシーンが多いので役者さんの力量が出てしまいやすいなかで、みんなが楽しんで、素晴らしい演技を披露してくれました。

菅田将暉について
菅田くんは、僕が脚本を担当した「高校デビュー」の時に出演していて、凄く演技が上手いなという印象がありました。今回も、本当に素晴らしかったです。やっぱりいい役者さんだなと改めて思いました。演じてもらったナオキは振り回されて追い込まれていく。その追い込まれた人間の姿が面白いというのが、今回の「明烏」。(福田監督の現場はアドリブが多い分)主役は幹なので全く遊べない。菅田くんは、僕がイメージしたことをきっちり演じてくれました。

城田優について
今までタイミングがあわなくて実現できなくて、今回出演してもらえたのは念願でした。撮影中は何回もきて「(コメディの演技が)行き過ぎてたら止めてください」と言ってました。でも役柄が、どんどんいっちゃっていい役だったので思いっきり演じてくれてました。本当に出てもらえてよかったです。

若葉竜也について
「muro 式.7」の本番の時に挨拶したのが初めてでした。あの時に、「同盟」という演目で坂本龍馬と西郷隆盛に挟まれた、真面目な高杉晋作を演じてもらったんですが、その時の事があったんで、今回の生真面目なノリオ役は若葉くんに!と思ってたんです。役柄本当にピッタリでした。

吉岡里帆について
今回、演じてもらった明子は凄く大事な役柄でこだわった。ギリギリまで粘ってオーディションをして、最後に現れたのが吉岡さんでした。素の面白さが感じられたので明子役に決まった。僕としては、素の面白さを出したかったので珍しくテイクを重ねました。そういえば一回、テイクを重ねる中で「お前いつになったらできるんだ」と言ったら、「スランプっすね」って(笑)お前の絶好調はいつだったんだ!(笑)って。あの一言でスタッフも笑いましたね(笑)とにかく現場で愛されてました。

柿澤勇人について
「ヨシヒコ2」のミュージカル回にも出てもらってました。僕のやって欲しい事も、しっかり分かってくれてて、夏に舞台「タイトル・オブ・ショウ」にも出演してもらったんですが、そこからはベッタリですね。城田くんと二人が出てるってダブルロミオですからね!二人のダンスのシーンはキレがありましたね!

松下優也について
カッコ良かったですね。本当にいるホストっぽかったです。舞台「モンティ・パイソンのスパマロット」にも出演してもらってますし、ちゃんと分かって演じてくれるのでありがたいです。

新井浩文
オシャレでカッコイイ作品にばかりでてたので、僕の作品に出てくれると思わなかった。でもムロくんには出たいと言ってくれてたそうで、「なんでムロさんばっかり出てるんだ。ムロさんは福田監督を抱いてるに違いない」とTwitter とかで呟いてた(笑)。今回、新井くんに演じてもらった山崎役は、コメディっぽく演じようとすればどこまでもいける役柄。だけ
ど、そっちにいってしまうと面白さが減ってしまう役柄でもある。どういう演技でくるかとリハーサルの時は緊張しましたが、一発目からやってくれた演技を見て「天才だー!」と思いました。

ムロツヨシ&佐藤二朗
二人は、福田組の風神と雷神ですからね。万全です。舞台「THE39STEPS」の時に、佐藤二朗さんの郵便屋のアドリブがあったんですが、その時の演技をみてこれはイケるなと思いましたね(笑)


菅田将暉 コメント

素晴らしい特等席でムロツヨシさん、佐藤二朗さんら怪物だらけの福田組で、ただひたすら毎日爆笑したいという僕の夢が叶いました。大感謝です。かつてないほど短期間で一気に撮り上げた作品ですが、永く愛すべき作品になりました。

城田優 コメント

(初めて台本を読んだ感想は、)とにかく「面白かった」の一言に尽きます!台本をいただいてから、かぶりついて読んでしまいました。それと、この分量を撮りきるって本気…?と(笑)。(福田監督の現場は)非常に面白かったです!これまで色々な映像作品に参加させていただきましたが、一番笑った現場だと思います。ムロツヨシさんと佐藤二朗さんのタッグが最強で、そのアドリブ合戦の中に、僕演じるアオイは負けずに入っていかなくてはならず…その戦いが非常に大変でした。短い濃縮した時間でしたが、福田組から、1人の俳優として、また、ものを作る人間として、大きな影響を受けたと感じます。とにかく才能溢れる共演者の方々ばかりでした。あらゆるアドリブに臨機応変に対応できる菅田くんは素晴らしかったですし、めちゃめちゃ面白い新井浩文さんに負けずにやりあっていく若葉くんも凄かったです。吉岡さんは見れば見るほど面白い、独特の雰囲気があり、噛めば噛むほど味の出るスルメのような女優さんになっていくと思いました(笑)。柿澤くんとは、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」以来の共演で、彼の新しい一面を見られる役になっていると思いました。松下くんは面識はあったんですが、今回初共演で、ご一緒できてとても嬉しかったです!福田監督は演出するだけでなく、俳優としての才能も感じました(笑)。僕の俳優人生で最もアドリブに溢れた作品になっています。どこまでが台本で、どこからがアドリブかわかりません。これは迷作であり、名作です(笑)!是非劇場に足をお運びください。

若葉竜也 コメント

文字だけで笑ってしまうほどおもしろい本でした。その分、台本よりおもしろく演じられるか不安でした。緊張感と笑いが入り混じる不思議な現場でした。僕は台本に書いてある事をいつも通り「まじめ」にやりました。菅田将暉さんとは、舞台を一緒にやっていたので、良い距離感で仕事が出来ました。個人的にムロツヨシ &佐藤二朗コンビを見れて感激しました。一生懸命、まじめにやりました。素敵な作品になっています。ぜひ …

柿澤勇人 コメント

(初めて台本を読んだときは)素直に騙されました。もう一度読み返すと素直に成る程と思わされました。念願の福田組映画デビューでしたが、舞台とドラマの時と同じように時に厳しく、時に緩かったです。みなさんを見て笑いに耐えるのに必死でした。それくらい面白かったです。二度以上見ることを強く強くオススメします!!


『明烏 あけがらす』
主題歌: [Alexandros]「ワタリドリ」(ユニバーサルJ/RX-RECORDS)
配給:ショウゲート
(C) 2015「明烏」製作委員会
akegarasu-movie.com

2015年5月16日(土)全国ロードショー
2015年2月12日
『明烏 あけがらす』
2015年5月16日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式サイト:http://akegarasu-movie.com