ニュース&レポート

『アリス・イン・ワンダーランド』が『アバター』220%超えの大ヒットスタート!

アリス・イン・ワンダーランド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ディズニーが贈るティム・バートン監督&ジョニー・デップの最新作『アリス・イン・ワンダーランド』が、全国855スクリーン(3D⇒459スクリーン、2D⇒396スクリーン)で公開され、オープニング2日間の興行収入13億16,539,200円(動員:828,149人)を記録する大ヒットスタートを切った。
画像:『アリス・イン・ワンダーランド』が『アバター』220%超えの大ヒットスタート!

誰もが親しんできた永遠のファンタジー・ヒロイン、アリスの “新たなる冒険”を描いた『アリス・イン・ワンダーランド』は、鬼才ティム・バートンとジョニー・デップのタッグ作であるほかに、摩訶不思議なキャラクターや監督独特の色彩感覚、予測不能なストーリー展開が、驚異の3D映像で体験できるエンターテインメント作品として、公開前から多くのメディアで話題となっていた。

全国で公開を迎えた4月17日、一部の劇場では、午前中には当日分の座席が完売。3D上映だけではなく、都心の2D上映の劇場も満席となったほか、各劇場には、出演者のコスチュームを着た熱狂的ファンから、カップルや親子連れ、中高年層まで幅広い観客層が訪れ、終日賑わっていた様子だ。

本作のオープニング2日間の興行収入は、13億16,539,200円。この成績は、昨年12月23日に全国831スクリーンで公開した『アバター』の5億9,000万円の220%にものぼり、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(最終興収109億円)の9億9,200万円、『ダヴィンチ・コード』(最終興収90億5,000万円)の12億8,000万円の数字も上回る好スタートで、配給元のウォルト ディズニーでは、最終興行収入150億円を狙えるものと予測している。
2010年4月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『アリス・イン・ワンダーランド』
2010年8月4日(水)ブルーレイ、DVD、microSD発売!! 
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/alice/