ニュース&レポート

さだまさし原作「アントキノイノチ」が岡田将生&榮倉奈々共演で映画化!監督はベルリンで2冠の瀬々敬久

アントキノイノチ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
さだまさし原作の「アントキノイノチ」が、岡田将生と榮倉奈々主演により映画化されることが決定。監督には、『ヘヴンズ ストーリー』で、第61回ベルリン国際映画祭 国際批評家連盟賞とNETPAC賞の2冠を獲得したばかりの、瀬々敬久監督があたることが発表された。
さだまさし原作「アントキノイノチ」が岡田将生&榮倉奈々共演で映画化!監督はベルリンで2冠の瀬々敬久

高校時代のある事件がきっかけで、心を閉ざしてしまった主人公が、遺品整理業という仕事を通じて成長していく姿を描いた「アントキノイノチ」。映画化にあたっては、『余命1ヶ月の花嫁』の製作チームが、昨年度の日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞した岡田将生と榮倉奈々を主演に迎え、先頃、ベルリン国際映画祭で2冠獲得という快挙を成し遂げた瀬々敬久監督がメガホンをとるという、注目度満点のスタッフ&キャストの顔ぶれが揃うことになった。

本作で複雑な過去をもつ遺品整理業者という、難しい役どころに挑戦する岡田将生は、「今回は原作を先に読ませて頂いて、心あたたまるお話で、一気に読んでしまいました。演じる『永島杏平』という役は、心に問題を抱えていて、今まで演じたことのない役に挑戦させて頂くので、今まで以上にしっかり演じていきたいと思っています」と意気込みを語っている。

榮倉奈々は、「生きるということ、社会と関わるということ。日々、自問自答しながら前進したいと望む姿は同世代として、とても興味深いです。瀬々監督も岡田将生君も初めてご一緒させて頂くので、どんな風にコミュニケーションを取って撮影が進んでいくのか、今から楽しみです」と、コメントを寄せた。

また、瀬々敬久監督は、「『ヘヴンズストーリー』は、日本人はどこへ向かっていくべきなのか考えなから作った作品。新作『アントキノイノチ』では、無縁社会と言われ、人と人とのつながりが希薄になっている現代に、日本人はどう生きていくのか、そしてどうやって新しい希望を見つけていけばいいのかということを描きたいと思っているので、『ヘヴンズストーリー』との連続性を感じている」と話し、「自分たちの足元を見つめながら映画を作っていきたいと思っているので、今回の受賞は嬉しいという気持ちとともに、『アントキノイノチ』を撮影する力にもなっています」とコメントした。

『アントキノイノチ』は、3月1日にクランクイン。山口県や静岡、関東近郊でのロケを経て、4月にクランクアップ予定。公開は2011年秋を予定している。

2011年2月23日
『アントキノイノチ』
2011年11月19日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.antoki.jp/