ニュース&レポート

妻夫木聡×スー・チー共演、巨匠ホウ・シャオシェン監督『黒衣の刺客』 今秋公開

黒衣の刺客

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
世界的巨匠ホウ・シャオシェン監督の8年ぶりの新作、スー・チー主演、妻夫木聡が出演する映画『聶隱娘/THE ASSASSIN』が、第68回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門に正式出品されることが決定。邦題を『黒衣の刺客』として今秋、日本公開されることも決まった。
妻夫木聡×スー・チー共演、巨匠ホウ・シャオシェン監督『黒衣の刺客』 今秋公開

唐代の中国。13年前に誘拐された隱娘(スー・チー)が両親の下に戻ってくる。しかし、彼女は道姑(女性の道士)によって完全な暗殺者に育て上げられていた。標的は、暴君の田委安(チャン・チェン)だが、彼はかつての許婚であった。隱娘は、任務中に窮地に追い込まれるが、難破した遣唐使船の日本青年(妻夫木聡)に助けられる…。

歴史的傑作『悲情城市』や小津安二郎監督生誕100年を記念して製作され、一青窃と浅野忠信を迎えて東京を舞台にした『珈琲時光』、『ホウ・シャオシェンのレッドバルーン』などで知られ、日本でも多くのファンがいるホウ・シャオシェン監督。『フラワーズ・オブ・シャンハイ』以来、17年ぶりの時代劇となる本作は、唐代の中国を舞台に、暗殺者として育て上げられた主人公を描いたアクション・ドラマ。

主演は、『ミレニアム・マンボ』などホウ・シャオシェン監督のミューズであるスー・チー。『トランスポーター』など海外でも活躍する彼女が、運命に翻弄されながらも力強く生きてゆく女刺客を演じ、アクションにも挑戦。共演には『レッドクリフ』シリーズなどに出演し『百年恋歌』に続きタッグを組んだチャン・チェン。また、日本から数多くの映画で幅広く活躍する俳優・妻夫木聡が、重要な役柄で参加しているのも見逃せない。

ホウ・シャオシェン監督作品は、1993年に審査員賞を受賞した『戯夢人生』のほか、『憂鬱な楽園』『フラワーズ・オブ・シャンハイ』『百年恋歌』など、6度にわたりカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されており、本作で7度目の出品という偉業を成し遂げた。
2015年4月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『黒衣の刺客』
2015年9月12日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー