サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ニュース&レポート

人気シリーズ“ATARU”木村ひさし監督、ヒット要因の分析と“ATARU”世界観秘話明かす

劇場版 ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
18.5億円の大ヒットを記録した『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL』の木村ひさし監督が、これほどまでの人気シリーズに成長した要因を分析、持論を展開した。
人気シリーズ“ATARU”木村ひさし監督、ヒット要因の分析と“ATARU”世界観秘話明かす
「ここまでの人気が出るとは、最初は思っていなかったです。僕自身が、一部のファンにしか評価されないような作品しか撮っていなかったもので(笑)」と謙遜する木村監督。この大ヒットの要因として、常識外の“映像”をまず挙げる。「ミステリーというとダークな方向に画作りをしがちですが、アタルでは暗い画作りをしないように心がけていました」

明るめの映像を作れば、絵の印象として観客は受け入れやすい。すなわち、ミステリーでも幅広い世代が親しみやすい作品になり得る、ということだ。「後は中居さんのキャラクターが子どもたちにマネされて、かわいいとか、そういうことがテレビで実現した。それがベースにあったので、劇場版は、その意味ではハードルは高くなかったように思います」

そして、“濃い”キャラクターたちも魅力。そこには意外な理由もあった。「アタルは変わった人間でしょうけれど、僕たちの周囲にいる普通に暮らしている多くの人々にも変わった人が多いですよね? だから、アタルの周囲にいる普通の人間と思われているメンバーも、変わったキャラクターにしようという狙いがあって、であれば全員濃くしてしまおうと(笑)。ただ、これは『ATARU』という作品世界には必要なことで……」。すなわち、アタルの世界観の基軸は“リアル”なのだ。これを視点に観直すと、新たな発見があるかも!

『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』 発売中

■ブルーレイ プレミアム・エディション 【ブルーレイ】9,400円+税
■DVD プレミアム・エディション 【DVD】8,000円+税
■スタンダード・エディション(通常版) 【ブルーレイ】4,800円+税
■スタンダード・エディション(通常版) 【DVD】3,800円+税

発売元:TBS
販売元:ポニーキャニオン
2014年4月15日
『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL』
2013年9月14日(土) 全国東宝系ロードショー